「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか? 画像 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

インバウンド・地域活性

「DPに組み込めば、個人ごとのオーダーメイド旅行が完成する」「ウェブで発信すれば、地方のプレーヤーでも世界から集客できる」と期待されたのが「着地型ツアー」である。邦人客に対しては、個人ごとの興味関心に基づき、より細分化された現地集合のツアーが普及するだろうと言われてきた。典型的に言えば、「歴史に興味がある人を対象に、郷土史の専門家が地元の史跡のウンチクを解説するツアー」とか、農業体験や珍しいスポーツ体験などの体験型ツアーである。訪日客向けには「九州一周」など、もう少し「ざっくり」したツアーということになる。

 こちらの普及も進まない。横断的に検索し予約できるサイトも登場したが、旅行者側からすると催行日が限定されているため旅程作成が簡単ではない。ツアーが細分化され多数の小規模事業者が生まれれば、サイト側ではそれらと網羅的に送客契約を結ぶことは困難になる。訪日客向けには、首都圏(都内周遊や箱根日帰りなど)を中心にJTBグループ「サンライズツアーズ」が好調な様子だが、それに対抗するプレーヤーは少なく全国的な広がりに欠ける。

 このように、我が国のツーリズム産業は、変化すべき方向性を理解しているように見えて、その変化はなかなか進まない。本当に「旅行者一人ひとりが、自身の興味関心に基づく内容のオーダーメイド旅行を、ストレスなく予約し、ストレスなく実行できる」環境が実現するためには、商品(往復の交通、現地での観光や宿泊)サイドと、流通(「行ってみたい」と感じる→旅程作成→予約完了まで)サイドの両方が、バランスを取りながら変化し続けなければならない。どこか1社だけでは実現しない、構造的な変化を求められているのだ。

 それでも、我が国のツーリズム産業の将来のためにも、この変化を実現しなければならないと確信している。余暇の過ごし方は多様化し、もう、旅になど出なくても日常から抜け出し気分転換を図ることができる。流通する情報量は増加しており、有名観光地で目にする風景は、昨日、ハイビジョンテレビやスマホ画面で見た映像を再確認するに過ぎない。そのような中で、「旅先でしか味わえない価値(喜び、くつろぎ、学びなど)」を感じてもらうための「仕組み」の再構築が、いま求められているのである。


●成定竜一(なりさだりゅういち)
高速バスマーケティング研究所株式会社代表。高級都市ホテルチェーンを退社後、06年に楽天バスサービス株式会社に入社。楽天トラベル「高速バス予約」サービスの事業責任者を経て、同社取締役に就任する。11年に退職すると、高速バスマーケティング研究所を設立。国土交通省「バス事業のあり方検討会」委員(10年度)、「国内観光の振興・国際観光の拡大に向けた高速バス・LCC等の利用促進協議会」(15年度~)などを歴任する。


width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《成定竜一》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  2. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

    新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  3. ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

    ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

  4. 西宮駅南西地区再開発、37階建てなど3棟を計画

  5. 急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

  6. 首都圏Look at/都内に200m超ビル続々/都心のスカイライン様変わり

  7. 中部空港隣接地に大規模展示場建設、五輪の展示場不足見込み

  8. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…なぜトランスミッションを内製するのか

  9. 【レジャー&サービス産業展】訪日外国人観光客が増加する中、インバウンドに商機を!

  10. 首都高1号羽田線東品川桟橋・鮫洲埋立部更新/迂回路切替で本線整備へ

アクセスランキングをもっと見る

page top