札幌駅北口に京王電鉄の新ブランド「京王プレリアホテル札幌」、インバウンドも取り込む 画像 札幌駅北口に京王電鉄の新ブランド「京王プレリアホテル札幌」、インバウンドも取り込む

インバウンド・地域活性

 京王電鉄は、札幌市北区で計画している同社の新ブランドホテルの第2弾「京王プレリアホテル札幌」=完成イメージ=の施工者を大林組・京王建設・岩田地崎建設JVに決めた。規模は延べ1万5900平方メートル。9月に着工し、19年2月の竣工、同年夏の開業を目指す。
 建設地は北区北8西4の11の1ほか(敷地面積1573平方メートル)。JR札幌駅北口から徒歩3分の距離。建物は地下1階地上17階建て延べ1万5906平方メートル、高さ64メートルの規模。客室数は359室を予定している。建物には客室のほか、レストラン、大浴場、駐車場(83台)などが入る。設計は大林組が担当した。運営は京王プラザホテル札幌が行う予定。
 「京王プレリアホテル」は同社が新たに展開する宿泊特化型アッパーミドルホテル。観光やレジャーを目的とした日本人観光客をメーンターゲットとしつつ、増加する外国人観光客やビジネス目的の宿泊客のニーズにも対応する。
 同ブランドは、クオリティの高い朝食を提供するレストランや、立地に応じて設ける大浴場などが特徴。客室数は300室程度とし、ツインルームを主体にダブルルームとトリプルルームも揃える。
 新ブランドホテルの初弾は国内有数の観光地である京都で開業。札幌は東京、大阪に次いで外国人観光客数が多いことから、2号店の進出都市に決まった。1号店となる「京王プレリアホテル京都」は京都市下京区で計画。規模は10階建て延べ約9600平方メートル、客室数は305室となる予定。18年秋の開業を目指す。

京王電鉄/札幌駅北口に新ブランドホテル、大林組JVで9月着工/17階建て359室

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. レッドブル・エアレースで“CHIBA”の都市ブランディングは成功したか?

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  7. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  10. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

アクセスランキングをもっと見る

page top