ライドシェア企業の自動運転分野への参入、米国民は否定的 画像 ライドシェア企業の自動運転分野への参入、米国民は否定的

制度・ビジネスチャンス

自動運転技術の研究開発には、自動車メーカーだけでなく、さまざまな企業が参入している。ライドシェア企業もそのひとつだが、米国の調査で、ライドシェア企業の自動運転分野への参入に、米国の人々が否定的な見方を示していることが分かった。

これは、米国に本拠を置くINRIXが発表した「Connected&Autonomous Vehicle」調査の結果から明らかになったもの。同社が米国、英国、ドイツ、フランス、イタリアの5か国のドライバー5054人を対象に、自動運転やコネクトカーに関する調査を行い、その結果を公表している。

米国においての調査結果で注目されるのは、米国の人々が、ウーバーやリフトなど、ライドシェア企業の自動運転への参入に、否定的な見方をしている点。ライドシェア企業の自動運転車を信頼するとの回答は、4%。これに対して、アップルやグーグルなどの技術系企業の自動運転車を信頼するとの回答は27%、自動車メーカーの自動運転車を信頼するとの回答は23%。ライドシェア企業よりも、高い信頼を得ている。

INRIXのBob Pishueシニアエコノミストは、「自動車メーカー、ハイテク企業、ライドシェア企業の間で、新たな戦いが起きている。数十億台のコネクトカーが、今後15年間で道路を走行することが予想される。消費者の信頼を得ることができる企業が、市場シェアを獲得するだろう」と述べている。

自動運転車の信頼性、ライドシェア企業は低め…米調査

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 市場変化に備え……ゼネコン各社が新規分野開拓、海外事業拡大に注力

    市場変化に備え……ゼネコン各社が新規分野開拓、海外事業拡大に注力

  2. 担い手不在集落を近隣地域で支援、大分県が新規事業

    担い手不在集落を近隣地域で支援、大分県が新規事業

  3. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  4. 事業承継税制が大幅に改正される

  5. 東京都内の大規模建築計画/17年10~12月期、全体占める割合増加/都心、臨海部の開発活発

  6. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  7. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  8. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  9. 群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

  10. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

アクセスランキングをもっと見る

page top