ライドシェア企業の自動運転分野への参入、米国民は否定的 画像 ライドシェア企業の自動運転分野への参入、米国民は否定的

制度・ビジネスチャンス

自動運転技術の研究開発には、自動車メーカーだけでなく、さまざまな企業が参入している。ライドシェア企業もそのひとつだが、米国の調査で、ライドシェア企業の自動運転分野への参入に、米国の人々が否定的な見方を示していることが分かった。

これは、米国に本拠を置くINRIXが発表した「Connected&Autonomous Vehicle」調査の結果から明らかになったもの。同社が米国、英国、ドイツ、フランス、イタリアの5か国のドライバー5054人を対象に、自動運転やコネクトカーに関する調査を行い、その結果を公表している。

米国においての調査結果で注目されるのは、米国の人々が、ウーバーやリフトなど、ライドシェア企業の自動運転への参入に、否定的な見方をしている点。ライドシェア企業の自動運転車を信頼するとの回答は、4%。これに対して、アップルやグーグルなどの技術系企業の自動運転車を信頼するとの回答は27%、自動車メーカーの自動運転車を信頼するとの回答は23%。ライドシェア企業よりも、高い信頼を得ている。

INRIXのBob Pishueシニアエコノミストは、「自動車メーカー、ハイテク企業、ライドシェア企業の間で、新たな戦いが起きている。数十億台のコネクトカーが、今後15年間で道路を走行することが予想される。消費者の信頼を得ることができる企業が、市場シェアを獲得するだろう」と述べている。

自動運転車の信頼性、ライドシェア企業は低め…米調査

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  2. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  3. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  4. 【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

  5. ~外国人技能実習生:2~人手不足、海外進出の突破口になるか?

  6. プログラミング別平均年収ランキング2017、Swift、Rubyは4位、で1位は?

  7. クラウドファンディングは中小企業の資金確保の味方、比較サイトがオープン!

  8. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  9. 羽田空港周辺インフラ整備の工程表、新設道路も

  10. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編

アクセスランキングをもっと見る

page top