伊豆諸島へのクルーズは「星空」がキーワード、新たなPR 画像 伊豆諸島へのクルーズは「星空」がキーワード、新たなPR

インバウンド・地域活性

東海汽船は、東京~伊豆諸島までの船旅を特別な趣向で楽しむ「プラネタリウムアイランド・スペシャルクルーズ」を7月6~7日の日程で実施する。

七夕に合わせた今回の企画は、東京と伊豆諸島を結ぶ5000トンクラスの大型客船「さるびあ丸」で、クルージング中の東京湾海上で満天の星を満喫してもらおうというもの。同社では、光害が少なく夜空の美しい伊豆諸島を「プラネタリウムアイランド」と名付け、都会では楽しめない、満天の星を楽しめるディスティネーション(目的地)としてPRしていく。

スペシャルクルーズでは、トップデッキを星空観望エリアとして終夜開放。床にのんびりと寝転んで星空を眺めることができるほか、星空講座や天体トークショー、天体写真展など、星や月にまつわる船内イベントを実施する。また伊豆諸島では、大島温泉ホテルに星空観望エリア「三原山テラス」が完成、大島バスでは「星空観望バス」を運行するなど、プラネタリウムアイランドとして、サービスの充実を図っている。

プラネタリウムアイランドスペシャルクルーズ限定往復切符の料金(大人1名)は、大島コースが2500円より、利島コースが3000円より、新島・式根島コースが3500円より、神津島コースが4000円より。そのほか、大島温泉ホテル宿泊プラン(1泊3食付・1万4500円)なども用意する。

満点の星空を眺めながらのスペシャルクルーズ、東京~伊豆諸島 7月6~7日

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  10. 川崎・キングスカイフロント、客室200室のホテル建設!

アクセスランキングをもっと見る

page top