~新業態チェック~酒とバラの日々!? 生花店がフラワーバーに 画像 ~新業態チェック~酒とバラの日々!? 生花店がフラワーバーに

制度・ビジネスチャンス

 東京都世田谷区の生花店「フラワーバー ガーデナ」は、夜になるとカクテルなどを楽しめるバーに変わる。午後1時から夕方までは生花店として営業。午後5時から、花の包装などに使う台をバーカウンターに替え、店主の川島正次さん(51)がジントニックなどを出す。

 バーカウンターに、今の時期はトルコギキョウやオリエンタル系ユリなど約40種類を花瓶で飾っている。夜も販売し、客の求めに応じてフラワーアレンジも作る。実家が生花店の川島さんが、好きなバーも営もうと2007年に開いた。来店した会社員、ステファン・セブンさん(42)は「出身地のフランスでも、こんな生花店はない。大好きな花に囲まれて、癒やしのひとときを過ごせた」と気に入っていた。

 バーの営業は午後11時まで。川島さんは「生花店に来る機会が少ない人にも、花の魅力を感じてほしい」と話す。

[活写] 酒とバラ・・・ 大人の時間 東京都世田谷区

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. これ以上の時間の浪費は許されない/JR北海道再生推進会議が「最後通牒」的声明

    これ以上の時間の浪費は許されない/JR北海道再生推進会議が「最後通牒」的声明

  2. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

    ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  3. ドローン操縦士協会発足!2020年の経済効果は91兆3000億円!!

    ドローン操縦士協会発足!2020年の経済効果は91兆3000億円!!

  4. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  5. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  6. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. おにぎり値上げ、業務用米が高値で価格に転嫁/コンビニやスーパー

  9. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

  10. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

アクセスランキングをもっと見る

page top