~新業態チェック~酒とバラの日々!? 生花店がフラワーバーに 画像 ~新業態チェック~酒とバラの日々!? 生花店がフラワーバーに

制度・ビジネスチャンス

 東京都世田谷区の生花店「フラワーバー ガーデナ」は、夜になるとカクテルなどを楽しめるバーに変わる。午後1時から夕方までは生花店として営業。午後5時から、花の包装などに使う台をバーカウンターに替え、店主の川島正次さん(51)がジントニックなどを出す。

 バーカウンターに、今の時期はトルコギキョウやオリエンタル系ユリなど約40種類を花瓶で飾っている。夜も販売し、客の求めに応じてフラワーアレンジも作る。実家が生花店の川島さんが、好きなバーも営もうと2007年に開いた。来店した会社員、ステファン・セブンさん(42)は「出身地のフランスでも、こんな生花店はない。大好きな花に囲まれて、癒やしのひとときを過ごせた」と気に入っていた。

 バーの営業は午後11時まで。川島さんは「生花店に来る機会が少ない人にも、花の魅力を感じてほしい」と話す。

[活写] 酒とバラ・・・ 大人の時間 東京都世田谷区

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  2. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  3. 『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(後編)

    『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(後編)

  4. 鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設

  5. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  6. ヤマト運輸が全但バスと「客貨混載」を開始、物流効率化と過疎化のバス路線網維持

  7. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  8. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  9. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  10. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

アクセスランキングをもっと見る

page top