セブンイレブンのベトナム1号店、24時間営業、オリジナルメニューも 画像 セブンイレブンのベトナム1号店、24時間営業、オリジナルメニューも

海外進出

【ベトナム】セブンイレブンは15日、ベトナム1号店をホーチミン市のサイゴントレードセンターに出店する。ホーチミン市で集中出店し、その後、他地域に展開する計画だ。

 ベトナム1号店は店舗面積164平方メートル、商品アイテム約2000点で、24時間営業。地元で需要が高い商品を中心に品ぞろえする。オリジナルメニューとして、「ミートボール弁当(ミートボールをトマトソースで煮込んだベトナムの一般的な料理)」、「ソイギリ(もち米と豚そぼろを使用したベトナムの朝食メニューをおにぎり風にアレンジ)」、「バインミー(フランスパン、ハム、レバーパテ、野菜を使ったベトナムの代表的なサンドイッチ)」などを販売する。

 セブンイレブンの店舗数(3月末時点)は日本1万9423店、タイ9788店、米国8424店など計6万2243店。

セブンイレブン、ホーチミン市にベトナム1号店

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ヤマト、タイで宅急便を開始。年内には110カ所に拡大する計画

    ヤマト、タイで宅急便を開始。年内には110カ所に拡大する計画

  2. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

    不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  3. ミャンマーでもLINEが使える――政府郵電公社と提携、サービス開始

    ミャンマーでもLINEが使える――政府郵電公社と提携、サービス開始

  4. 三菱重工、マレーシアでMLFF方式ETCの実証試験開始

  5. 若者集結! マレーシアのエネルギー企業主催「All ABOUT YOUTH」

  6. 英保険大手ロイズがマレーシアの保険ライセンスを申請

  7. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  8. スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

  9. VW傘下の商用車MAN、2015年第2四半期決算で赤字転落

  10. 【特別企画】訪日観光客2000万人突破と中小企業の生き残りを懸けた海外戦略[後編]

アクセスランキングをもっと見る

page top