セブンイレブンのベトナム1号店、24時間営業、オリジナルメニューも 画像 セブンイレブンのベトナム1号店、24時間営業、オリジナルメニューも

海外進出

【ベトナム】セブンイレブンは15日、ベトナム1号店をホーチミン市のサイゴントレードセンターに出店する。ホーチミン市で集中出店し、その後、他地域に展開する計画だ。

 ベトナム1号店は店舗面積164平方メートル、商品アイテム約2000点で、24時間営業。地元で需要が高い商品を中心に品ぞろえする。オリジナルメニューとして、「ミートボール弁当(ミートボールをトマトソースで煮込んだベトナムの一般的な料理)」、「ソイギリ(もち米と豚そぼろを使用したベトナムの朝食メニューをおにぎり風にアレンジ)」、「バインミー(フランスパン、ハム、レバーパテ、野菜を使ったベトナムの代表的なサンドイッチ)」などを販売する。

 セブンイレブンの店舗数(3月末時点)は日本1万9423店、タイ9788店、米国8424店など計6万2243店。

セブンイレブン、ホーチミン市にベトナム1号店

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  3. 高級車レクサス、日本のおもてなしでタイ人の心をつかむ

    高級車レクサス、日本のおもてなしでタイ人の心をつかむ

  4. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  5. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  6. 印刷インキのDIC、子会社がインドネシアに新工場建設

  7. 東欧旅行・出張にトラベルガイド付きSIM発売……アイツー

  8. 日本毛織、市場縮小によりマレーシアでの生産を10月に停止

  9. 世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

  10. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

アクセスランキングをもっと見る

page top