埼玉県蓮田駅西口再開発、採算性から27階建てを14階建てに 画像 埼玉県蓮田駅西口再開発、採算性から27階建てを14階建てに

インバウンド・地域活性

 埼玉県蓮田市は5日、同市施行の「蓮田駅西口第一種市街地再開発事業」の法的手続きがほぼ完了したことから、市に代わって再開発ビルを建設する特定建築者の公募手続きを15日に始めると発表した。8月下旬に特定建築者を決め、18年4月の着工、20年3月の完成を目指す。
 事業予定地はJR蓮田駅西口の本町の一部約1・8ヘクタール。再開発ビルの建築面積は約3800平方メートル。建物はRC一部S造14階建て延べ2万1750平方メートルの規模で、住宅(170戸)、店舗、診療所、公益施設、駐車施設を設ける。
 事業協力者として東急不動産・都市環境研究所JVが参画している。基本設計は久米設計、権利変換計画検討業務は都市環境研究所が担当した。
 市は13年度に事業協力者から、27階建ての再開発ビルの提案を受けていたが、採算性を考慮し14階建てに見直した。16年度に都市計画変更、事業計画変更を行い、今月1日に権利変換計画を公告した。
 事業予定地内のうち、公共施設は、▽蓮田駅西口通線(幅員16メートル、延長220メートル)▽駅前交通広場(約4300平方メートル)▽区画街路1号線(幅員16メートル、延長120メートル)▽区画街路2号線(幅員17メートル、延長60メートル)▽通路(約27メートル)-が完成済み。最終年度に緑地(約150平方メートル)を整備する。

埼玉県蓮田市/蓮田駅西口再開発/特定建築者公募、6月15日から手続き開始

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  3. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  4. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  5. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  6. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  7. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 物流トラック大型化なぜ進む? 首都圏で10年ぶり物流調査

  10. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

アクセスランキングをもっと見る

page top