高速道路で初めての二輪車専用周遊パス、料金は1泊2日で2500円 画像 高速道路で初めての二輪車専用周遊パス、料金は1泊2日で2500円

インバウンド・地域活性

国土交通省高速道路課は、5月30日の自民党政務調査会二輪車問題対策プロジェクトチーム(PT)の会合で、実現すれば、高速道路始まって以来初めてとなる二輪車専用周遊パスの概略を提示した。

初の二輪車周遊パスは1泊2日で2500円。期間中であれば、周遊エリア内の区間は乗り放題だ。周遊エリアを単純に往復すると4000円~5000円になるプランが想定され、その半額程度という料金設定になった。

周遊パスのエリアの詳細は未定だが、東名・中央道を中心とした神奈川・山梨方面、関越道などを中心とした群馬・栃木・茨城方面、東京湾アクアラインや圏央道を中心とした千葉方面が考えられている。

7月頃の販売を予定し、その後、全国にエリアを広げる。

初めての二輪車専用周遊パス、料金は1泊2日で2500円 国交省

《中島みなみ》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  5. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  10. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top