山陽電鉄「台湾観光」ラッピング列車を運行、カラフルな台湾! 画像 山陽電鉄「台湾観光」ラッピング列車を運行、カラフルな台湾!

インバウンド・地域活性

山陽電気鉄道は6月5日から、ラッピング列車「Meet Colors! 台湾」号を運行する。台湾観光局が展開している観光プロモーション「カラフルな台湾を探しに行こう! Meet Colors! 台湾」の一環。初日は出発式なども行われる。

発表によると、ラッピング列車は車外を「Meet Colors!」のテーマ「ロハス・ロマン・ショッピング・グルメ」に沿って、カラフルにデザインしたという。車内もドアの部分を車外と同様に装飾し、中づりで観光プロモーションのメインビジュアルを掲出する。

運行期間は6月5日から2018年6月4日まで1年間の予定。阪神電気鉄道の本線を含む梅田~山陽姫路間を走る。運行初日の6月5日は9時30分から山陽姫路駅で出発式を実施。10時頃から同駅の改札外コンコースで関連イベントが行われる。

山陽電鉄は、神戸市と姫路市などを結ぶ鉄道路線を運営する兵庫県内の準大手私鉄。2014年12月には台湾鉄路管理局と姉妹鉄道協定を締結した。

山陽電鉄「台湾観光」ラッピング列車を運行 6月5日から

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

    トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 日本橋兜町再開発、「国際金融都市東京」構想の一翼を担う街づくりへ

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】精密機器メーカーが国内唯一の「ハンドベル」を作るようになった理由――群馬県・アプリ

  7. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

アクセスランキングをもっと見る

page top