山陽電鉄「台湾観光」ラッピング列車を運行、カラフルな台湾! 画像 山陽電鉄「台湾観光」ラッピング列車を運行、カラフルな台湾!

インバウンド・地域活性

山陽電気鉄道は6月5日から、ラッピング列車「Meet Colors! 台湾」号を運行する。台湾観光局が展開している観光プロモーション「カラフルな台湾を探しに行こう! Meet Colors! 台湾」の一環。初日は出発式なども行われる。

発表によると、ラッピング列車は車外を「Meet Colors!」のテーマ「ロハス・ロマン・ショッピング・グルメ」に沿って、カラフルにデザインしたという。車内もドアの部分を車外と同様に装飾し、中づりで観光プロモーションのメインビジュアルを掲出する。

運行期間は6月5日から2018年6月4日まで1年間の予定。阪神電気鉄道の本線を含む梅田~山陽姫路間を走る。運行初日の6月5日は9時30分から山陽姫路駅で出発式を実施。10時頃から同駅の改札外コンコースで関連イベントが行われる。

山陽電鉄は、神戸市と姫路市などを結ぶ鉄道路線を運営する兵庫県内の準大手私鉄。2014年12月には台湾鉄路管理局と姉妹鉄道協定を締結した。

山陽電鉄「台湾観光」ラッピング列車を運行 6月5日から

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  4. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  7. 開業わずか1年! 京都で口コミランク3位の旅館、その戦略とは?/京町家旅館 楽遊

  8. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  9. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  10. 青森県むつ市が新体育館建設、スポーツのほか余暇を過ごす市民憩いの空間へ

アクセスランキングをもっと見る

page top