ソフトバンク、新卒採用選考にAI導入/エントリーシート確認作業時間を75%軽減 画像 ソフトバンク、新卒採用選考にAI導入/エントリーシート確認作業時間を75%軽減

IT業務効率

 ソフトバンクは5月29日、新卒採用選考のエントリーシート評価にIBM Watson日本語版を活用すると発表した。応募者をより客観的に、また適正に評価することが目的だという。活用により創出された時間は応募者との対面でのコミュニケーションにあてる。

 IBM Watsonは、自然言語処理と機械学習を使用して、大量の非構造化データーから洞察を明らかにするテクノロジープラットフォーム。過去のデータを学習させたIBM Watsonに応募者のエントリーシートデータを読み込ませると、NLC(自然言語分類)により、エントリーシートの内容が認識され、項目ごとに評価が提示される。合格基準を満たす評価が提示された項目は、選考通過とする。それ以外の項目については人事担当者が内容を確認、合否の最終判断を行う。これにより、統一された評価軸でのより公平な選考を目指す。

 また、IBM Watsonの活用により、人事担当者がエントリーシートの確認作業にあてる時間を75パーセント程度軽減できることが見込まれる。これにより創出された時間は、応募者との対面でのコミュニケーションにあてる予定だという。

 ソフトバンクは、「Smart&Fun!」のスローガンのもと、採用活動においてもITやAI(人工知能)を導入することで企業と応募者のマッチングを追及するとともに、イノベーティブでクリエイティブな企業として成長し続けることを目指す。

 なお、対象は総合職(総合コース、営業コース)志望者のエントリーシート。ソフトバンクの「新卒採用」枠に応募可能な入社時30歳未満の既卒者や他企業での就職経験者のエントリーシートも対象となる。

ソフトバンク、新卒採用選考にAI導入

《藍葉るらき》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

    ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

  3. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

  5. ~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」

  6. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  7. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  8. ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

  9. お堅い独立行政法人がバズる動画を作るまでの物語

  10. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編)

アクセスランキングをもっと見る

page top