十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅 画像 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

インバウンド・地域活性

 東京都は26日、北区のJR埼京線十条駅西側で延べ約7・9万平方メートルの再開発ビルなどの建設を進める「十条駅西口地区市街地再開発組合」の設立を認可する。組合は18年5月の権利変換計画認可、同6月の着工、22年7月の竣工を目指す。総事業費は445億円。
 計画地は十条駅西側に隣接する北区上十条1、2(地区面積1・7ヘクタール)。老朽化した低層の木造家屋が密集していることから、再開発ビルと都市計画道路の一体整備により、地域の防災性や利便性の向上を図る。
 再開発ビルの規模は地下2階地上40階建て延べ7万9460平方メートル(高さ147メートル)。低層部に商業・業務施設、上層部に住宅(540戸程度)が入る。
 事業協力者には前田建設と新日鉄興和不動産、東急不動産の3社、参加組合員には新日鉄興和不動産と東急不動産の2社が参画。基本設計のうちビル関係は日本設計、ビル以外の公共施設(都市計画道路など)はトーニチコンサルタントがそれぞれ担当している。
 組合の理事会は6月8日、総会は同22日に開かれる予定。

十条駅西口地区再開発(東京都北区)/都が組合設立認可/40階建て、18年6月着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

アクセスランキングをもっと見る

page top