サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳 画像 サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

IT業務効率

【記事のポイント】
▼ユーザーはスマホで予約しているのに飲食店の台帳管理はアナログ、その間を埋めるITサービスが求められている
▼インバウンドも含む様々なネット予約に対応できるITサービスが今後役に立つ
▼無断キャンセル対策にもITのソリューションは有効


 インバウンド需要の拡大、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックといった要因から、「おもてなし」がキーワードとして注目されている。さらに、IT/IoTを活用した「おもてなし2.0」とでもいうべきサービスや製品が、飲食業・旅行業・物販業の領域で、多数登場しつつある。本記事はそうした最新事例を紹介し、自社での導入の参考とする内容だ。

 今回は、株式会社VESPER(ベスパー)が展開している予約・顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」に焦点を当てる。テーブルソリューションは、レストラン・飲食店で利用できる、予約・顧客管理システムだ。POS連携、CTI(電話連動)機能、事前カード決済機能、予約サイト自動取り込み、多言語対応など、幅広い機能を持っており、さまざまな業務の効率を向上できるという。6月1日からは、予約の無断キャンセルを防止できる新サービス「キャンセルプロテクション」(旧:TableCheckクレジット決済)を、無料で提供開始する予定だ。同社のサービス、そしてビジョンについて、代表取締役社長・CEOの谷口優氏に話を伺った。

■“日本トップのレストラン予約管理システム”を標榜、「ユーザーとお店の情報の分断」を埋める存在に

 テーブルソリューションは、レストラン・飲食店などでの予約マネジメントに特化したサービスだ。パソコン、スマホからのネット予約を直接データベースに反映可能とし、電話での対応を原則不要とした。大規模ビアガーデンを展開するゼットン、カジュアルダイニング「RIGOLETTO」などを展開するHUGEのほか、ひらまつ、うかい、bills、さらにはホテルニューオータニ、ホテルオークラ、東京ステーションホテル、ヒルトン・ホテルズ&リゾート、シェラトンやハイアット ホテルズ アンド リゾーツなどの著名ホテル内レストランなど、約1700店舗で採用されている。客単価が高く、外国人客の利用も多い店舗が主要層。一方で、もっとも小規模なところでは、7席の店舗が導入しているとのこと。

 設立当初のベスパーは、もともとレストラン向け販促支援サービスの代理販売を手掛けていたが、実際に飲食店などの意見を聞くなかで、予約管理システムへの要望が高いことから、テーブルソリューションを開発したという。「スマホが普及したことで、ユーザーの側が、情報検索、比較、決定、予約のアクションまで、スマホで行える状態になった。それなのに、お店側がアナログのままで、分断されていた」「予約サービスの『一休.comレストラン』などでは満席となっているのに、実際にお店に電話したら予約できる、というようなことが、飲食店では起きていた」(谷口氏)とのことで、2012年末に業態を変更して、テーブルソリューションの開発に着手した。

「飲食店とレストランユーザー、両方がハッピーになるためには、どうしたらよいか?」(谷口氏)ということを考えた結果、「これまで使われていた“紙の予約台帳”をデジタルに置き換えること」「ネット予約のスタンダード化」を、テーブルソリューションの重要な基本コンセプトとした。ネット予約であれば、電話応対が不要なため、24時間の対応も可能になる。

 ネット予約については、複雑なルール設定が可能で、曜日・時間帯(回転)、人数縛り、先着○名などのルールを、多言語(8か国語)で多様に設定できる。たとえば、「金曜は○名以下・○名以上の予約は不可」「○○コースは、○名以上から」「1番テーブルと2番テーブルを接続すれば、6~8名で予約可能」「22~23時は、特別メニューを注文するお客様のみ予約を受け付ける」「○月○日から○月○日までは、利用時間の制限を設ける」「○○コースを予約した客には、優先的に窓側を案内」「正月期間は、テーブルレイアウトを変えるので、○人単位が基本」といった、飲食店ならではの複雑な予約ルールを、きめ細かく設定できる。これにより、ユーザーがネットから予約した場合にも、効率良く、とりこぼしのない対応がスムーズに可能となっている。さらには、希望のお店が満席で予約が取れない時には、自動で予約希望条件に合致する系列店へ誘導することも可能とした。

 実際の予約状況は、リスト式の一覧表示のほか、店内見取り図をベースに確認することもできる。またPOS連係で顧客管理システムとしても機能しており、予約ユーザーの過去の注文履歴、利用額、利用人数やその際に支払った人物、他チェーンの利用状況なども、ここからチェックすることが可能だ。こうした情報はビッグデータとして分析も行える。誕生日・記念日、食事の好み、アレルギーの有無なども情報として登録できる。

 なお、テーブルソリューションを採用した飲食店は、レストランユーザー向け予約ポータルサイト「TableCheck(テーブルチェック)」に無料で情報掲載できる。また引き続き、電話から予約するユーザーのためには、電話自動応答、自動録音といった機能を用意しているとのこと。CTI(電話連動機能)により、着信と同時に顧客情報や予約状況を表示することもできる。 

《冨岡晶/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  2. IT担当者不在を埋める、1日単位の中小企業向けITサポートサービスがスタート

    IT担当者不在を埋める、1日単位の中小企業向けITサポートサービスがスタート

  3. ~動画PRの成功術:5~ 6万人のファンを集めた“町の時計店”

    ~動画PRの成功術:5~ 6万人のファンを集めた“町の時計店”

  4. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  5. 中部整備局、ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認

  6. ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか?

  7. 「カーシェアサービスをワンストップで」/NTTドコモの考えるシェアエコノミーとは?

  8. 日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

  9. IT+教育最前線、次世代の教育インフラ環境を紹介/三谷商事

  10. サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

アクセスランキングをもっと見る

page top