石井国交相、人手不足の見方に反論/公共事業執行に「支障ない」 画像 石井国交相、人手不足の見方に反論/公共事業執行に「支障ない」

人材

 石井啓一国土交通相は19日の閣議後の記者会見で、公共事業の執行について、「建設業をめぐる現在の状況を見ても、特段の支障は見当たらない」との認識を示した。建設業界の人手について、東日本大震災(11年3月)の発生間もない頃のひっ迫した状況とは異なり、「震災前と同様に安定している」と述べた。
 18日に発表された1~3月の国内総生産(GDP)で公共投資を示す公的固定資本形成が0・1%減(実質、季節調整値)と3四半期連続でマイナスとなったことから、人手不足で補正予算の執行に支障があるとの見方が一部に出ていた。
 石井国交相は、16年度第2次補正予算の公共事業について「件数ベースで約96%が契約済み」と説明。同省の調査や前払金保証統計でも公共工事の受注量は増加しているとした。
 国交省の労働需給調査で代表6職種の技能労働者の不足率を各年度のピークで見ると、13年度が3・9%、14年度が2・6%、15年度が2・3%、16年度が1・5%と需給は年々緩和。設計労務単価の上昇もあって労働力は確保されている状況だ。
 入札不調も、13年度に発生率が高まったが、円滑な施工確保対策の効果もあり、今は震災前と同水準で推移し、落ち着いている。

石井啓一国交相/公共事業執行に「支障ない」/人手不足の見方に反論

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

    ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

  2. タツミプランニングが「女性用現場監督」ユニホーム導入/街でも恥ずかしくないスタイル

    タツミプランニングが「女性用現場監督」ユニホーム導入/街でも恥ずかしくないスタイル

  3. 【HANJO女子】清水建設人事部ダイバーシティ推進室長・西岡真帆さん

    【HANJO女子】清水建設人事部ダイバーシティ推進室長・西岡真帆さん

  4. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

  5. 九州整備局ら協議会が福岡市で現場見学会開く/担い手確保へ高校2年生招待

  6. ~HANJO女子~大切なのは「普段からのコミュニケーション」/コベルコ建機 堀内翼さん

  7. 【HJ HJ EYE:2】進む農業の法人化、必要とされる人材とは?

  8. 「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

  9. 日本の整備業界を救うか…ミャンマーにみる、技能実習生制度の今

  10. 退職後も生きがいを!中小企業も目指せ「健康経営」

アクセスランキングをもっと見る

page top