建物設備メンテの日本空調サービス ミャンマーに新会社設立へ 画像 建物設備メンテの日本空調サービス ミャンマーに新会社設立へ

海外進出

今年10月設立、2019年事業開始予定
名古屋市に本社を置く日本空調サービス株式会社(以下、同社)は5月12日、シンガポールに本社を置く同社子会社、NACS Singapore Pte. Ltd.(以下、NACS SGP)が、ミャンマーに「NACS Engineering Myanmar Co., Ltd.」(以下、新会社)を設立すると発表した。

新会社の設立は、同社にて同日に開催された取締役会において決議されたものだ。新会社は、同社における孫会社となる。

今年10月をめどにヤンゴン市内に設立が予定されている新会社は、建物設備のメンテナンスサービスを展開する。事業開始は2019年頃を予定している。

資本金は20万米ドル(約2200万円)、NACS SGPの100%出資となる。なお、新会社には、同社の従業員1人程度が出向する予定だ。

日系企業が多数進出するミャンマーでサービス展開
同社では、経営戦略の一環として、海外展開の積極的な推進を掲げている。同社では、アジア全域を経済圏としてとらえており、日系企業が多数進出するミャンマーでの新会社設立を決定した。

新会社は、同国において空調や大型電気設備、クリーンルーム等を有する日系企業の工場等に対し、高品質のサービスを提供していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)
《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  2. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  3. ドン・キホーテがバンコクで商業施設開発、シンガポールに続く2カ国目

    ドン・キホーテがバンコクで商業施設開発、シンガポールに続く2カ国目

  4. ~越境ECを地方から:1~最小の資金&手間で、作務衣を世界へ

  5. ~越境ECを地方から:3~中国人爆買いをネットで再現、その方程式とは?

  6. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  7. 五洋建設、マダガスカルで港湾工事初受注/トアマシナ港

  8. バンコクのショッピングセンターに忍者博物館が登場!

  9. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  10. ミャンマーから日本への輸送日数1週間短縮 南海通運

アクセスランキングをもっと見る

page top