建物設備メンテの日本空調サービス ミャンマーに新会社設立へ 画像 建物設備メンテの日本空調サービス ミャンマーに新会社設立へ

海外進出

今年10月設立、2019年事業開始予定
名古屋市に本社を置く日本空調サービス株式会社(以下、同社)は5月12日、シンガポールに本社を置く同社子会社、NACS Singapore Pte. Ltd.(以下、NACS SGP)が、ミャンマーに「NACS Engineering Myanmar Co., Ltd.」(以下、新会社)を設立すると発表した。

新会社の設立は、同社にて同日に開催された取締役会において決議されたものだ。新会社は、同社における孫会社となる。

今年10月をめどにヤンゴン市内に設立が予定されている新会社は、建物設備のメンテナンスサービスを展開する。事業開始は2019年頃を予定している。

資本金は20万米ドル(約2200万円)、NACS SGPの100%出資となる。なお、新会社には、同社の従業員1人程度が出向する予定だ。

日系企業が多数進出するミャンマーでサービス展開
同社では、経営戦略の一環として、海外展開の積極的な推進を掲げている。同社では、アジア全域を経済圏としてとらえており、日系企業が多数進出するミャンマーでの新会社設立を決定した。

新会社は、同国において空調や大型電気設備、クリーンルーム等を有する日系企業の工場等に対し、高品質のサービスを提供していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)
《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  4. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  5. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  6. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  7. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  8. タイの和食のトレンド変化、だんだん凝ってきた料理の組み合わせ/ZEN

  9. キングスオート社長が語る香港中古車ビジネス

  10. 越境ECサイトで成功、海外に必要とされる中古車輸出とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top