成田空港、航空機発着回数/旅客数が過去最高を更新  2016年度 画像 成田空港、航空機発着回数/旅客数が過去最高を更新 2016年度

インバウンド・地域活性

成田国際空港が発表した2016年度の空港運用実績によると、航空機発着回数、航空旅客数などが開港以来、最高となった。

2016年度の航空機発着回数は新規就航や増便が相次いで国際線、国内線とも好調で前年度比4%増の24万5705回と5年連続で過去最高を更新した。

このうち、国際線は香港航空、ジンエアー、ハワイアン航空などの新規就航があったほか、韓国、香港、アジアなど、アジア方面が増便によって同5%増の19万3427回と過去最高となった。

国内線は春秋航空日本の札幌線、関西線、バニラエアの関西線、函館線の新規就航で同1%増の5万2278回と15年連続で過去最高を更新した。

航空旅客数は同4%増の3962万0801人と2年連続で過去最高を更新した。国際線の外国人が韓国、香港など、アジア方面を中心に旅客が増加し、同11%増の1429万9658人と3年連続で過去最高となった。国内線は那覇線、関西線、札幌線などが好調で同5%増の721万0517人と8年連続で過去最高となった。

国際航空貨物量は仮陸揚貨物量が同13%増の79万2991トンと5年連続で過去最高を更新した。

成田国際空港、航空機発着回数や航空旅客数が過去最高を更新 2016年度

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

    羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  2. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

    岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  3. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 日本レーベンが札幌市中央区にサ高住複合施設を計画。医療施設併設、11月着工めざす

  10. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

アクセスランキングをもっと見る

page top