大阪府茨木市、産学官協力の大規模物流施設/「彩都もえぎ物流施設計画(仮称)」 画像 大阪府茨木市、産学官協力の大規模物流施設/「彩都もえぎ物流施設計画(仮称)」

制度・ビジネスチャンス

 阪急電鉄と三菱地所は16日、大阪府茨木市で大規模物流施設「(仮称)彩都もえぎ物流施設計画」を共同開発すると公表した。マルチテナント型施設とテナント1社専用のBTS(ビルド・トゥー・スーツ)型施設の2棟構成で、総延べ床面積は約16万平方メートルを見込む。設計、施工者は未定。いずれも19年に着工し、BTS型施設は20年度、マルチテナント型施設は21年度の完成を目指す。
 計画地は、大阪府北部の丘陵地で、産学官が協力して推進する742・6ヘクタールの新都市建設プロジェクト「彩都」の東部地区にある山麓線エリア内。名神高速道路の茨木インターチェンジ(IC)から約2・5キロ、18年度に開通予定の新名神高速道路の茨木北IC(仮称)から約6・5キロ圏内に位置しており、京阪神エリアだけでなく西日本への広域配送にも適している。
 マルチテナント型施設(敷地面積約5万1000平方メートル)の建物規模は6階建て延べ約12万5000平方メートル。
 BTS型施設(敷地面積約1万6000平方メートル)の建物は4階建て延べ約3万2000平方メートルの規模。
 いずれの施設も入居テナントはまだ決まっていないが、大消費地へのアクセス至便性を踏まえ、日用雑貨・衣料品などの消費財系やコンビニ・スーパー、通販系、生活用機器・電子部品などの生活財系のテナントをメインターゲットとして想定している。
 阪急電鉄が国内の物流施設の開発・運営に取り組むのは今回が初めて。今後の物流不動産事業の拡大も視野に入れているという。

阪急電鉄、三菱地所/大阪府茨木市で大規模物流施設を共同開発/19年着工めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  2. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. 名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

  5. 16年の新設住宅着工、6.4%増、低金利が戸数押し上げ

  6. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  9. 知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

  10. ~健康経営が生む新ビジネス:2~トップ営業に意外なニーズが

アクセスランキングをもっと見る

page top