観葉植物のトレンドはサボテン! 予算は1000~3000円 画像 観葉植物のトレンドはサボテン! 予算は1000~3000円

制度・ビジネスチャンス

 観葉植物、一番人気はサボテン――。園芸WEBマガジンのアイリスガーデニングドットコムが実施した「人気の観葉植物ランキング2017」でこんな結果が明らかになった。手間がかからず育てやすい点で、根強い支持を集めた。飾る植物の予算は、1000~3000円未満が最も多く、リビングなど生活空間に置いて手軽に楽しめるものに人気が集まっている傾向があった。

 サボテンは5年連続で1位(165票)。育てやすく、長く楽しめる点に加え、「成長が緩やかで、花が咲くときれい」「いろいろな形があり、バリエーション豊富」といった点も評価された。2位はポトス(101票)で、「手軽に増やすことができる」ことから、家の数カ所に飾るという声が多かった。3位はオリヅルラン(97票)。土を使わないエアープランツ(27票)も、前年より支持を伸ばした。

 飾る場所は、「リビング」(848票)が最多。「玄関」(524票)、「キッチン・ダイニング」(230票)と続いた。「ベランダ、ウッドデッキ、庭」など室外に飾ると答えたのは159票で少数にとどまった。

 また、観葉植物にかける予算で最も多かったのは1000~3000円未満で40.6%。次いで500~1000円未満の25%だった。同サイトを運用するアイリスオーヤマは「購入しやすい低価格帯のものが手軽さからトレンドになっている」と分析する。

 アンケートは3月、同サイトの会員を対象に、インターネットで実施し、1464人から回答を得た。

観葉植物 育てやすく長く楽しめる サボテン一番人気

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

    宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  2. 国交省が総価契約単価合意で新方式。追加分だけ新落札率で、4月公告分から適用

    国交省が総価契約単価合意で新方式。追加分だけ新落札率で、4月公告分から適用

  3. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

    東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  4. 【解決! 社長の悩み相談センター】第23回:創業資金調達、銀行か親戚・友人か?

  5. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  6. 群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

  7. 東日本高速会社が多様な入札契約方式を積極導入

  8. 主要ゼネコン26社4~6月期決算/受注高は15社増加、手持ち工事消化を優先

  9. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  10. アベノミクスが中小企業や地方に届いていない!? 景気に関する意識調査

アクセスランキングをもっと見る

page top