観葉植物のトレンドはサボテン! 予算は1000~3000円 画像 観葉植物のトレンドはサボテン! 予算は1000~3000円

制度・ビジネスチャンス

 観葉植物、一番人気はサボテン――。園芸WEBマガジンのアイリスガーデニングドットコムが実施した「人気の観葉植物ランキング2017」でこんな結果が明らかになった。手間がかからず育てやすい点で、根強い支持を集めた。飾る植物の予算は、1000~3000円未満が最も多く、リビングなど生活空間に置いて手軽に楽しめるものに人気が集まっている傾向があった。

 サボテンは5年連続で1位(165票)。育てやすく、長く楽しめる点に加え、「成長が緩やかで、花が咲くときれい」「いろいろな形があり、バリエーション豊富」といった点も評価された。2位はポトス(101票)で、「手軽に増やすことができる」ことから、家の数カ所に飾るという声が多かった。3位はオリヅルラン(97票)。土を使わないエアープランツ(27票)も、前年より支持を伸ばした。

 飾る場所は、「リビング」(848票)が最多。「玄関」(524票)、「キッチン・ダイニング」(230票)と続いた。「ベランダ、ウッドデッキ、庭」など室外に飾ると答えたのは159票で少数にとどまった。

 また、観葉植物にかける予算で最も多かったのは1000~3000円未満で40.6%。次いで500~1000円未満の25%だった。同サイトを運用するアイリスオーヤマは「購入しやすい低価格帯のものが手軽さからトレンドになっている」と分析する。

 アンケートは3月、同サイトの会員を対象に、インターネットで実施し、1464人から回答を得た。

観葉植物 育てやすく長く楽しめる サボテン一番人気

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

    【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  6. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  7. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  8. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  9. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  10. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

アクセスランキングをもっと見る

page top