柑橘系「中晩かん」果皮にイラストが! 食べてもらうきっかけに 画像 柑橘系「中晩かん」果皮にイラストが! 食べてもらうきっかけに

インバウンド・地域活性

 三重県農業研究所紀南果樹研究室は、中晩かんの果皮にイラストを描く技術を開発した。長時間光に当たると果皮が緑色になる「回青」という現象を利用する。イラスト部分以外を遮光し、通常の貯蔵より高い温度で保存。既に同県御浜町のかんきつ出荷組織が、今年から販促に活用したところ、客が関心を示すなど評判だったという。

 同研究室は、収獲後に約2カ月貯蔵ができる県独自の中晩かん品種「みえ紀南4号」を育成したが、県外での認知度が上がらなかった。同研究室の須崎徳高主任研究員は「売れるには、まず食べてもらうきっかけづくりが必要」と、イラストを描く技術を開発。かんきつ類の一部品種で、着色後に果実が一定の光を浴びると、果皮が着色前の緑色に戻る「回青」と呼ばれる現象を利用した。

 図柄を切り抜いたアルミテープを果皮に貼り、鮮度保持効果のある透明資材で包む。図柄以外の部分を黒い果実袋2枚重ねで覆い、図柄に光を照射する。室温よりやや高い温度で20~30日保管すると光が当たった部分だけ緑に変色し、絵柄が浮かび上がる仕組みだ。

 2017年は、御浜町の生産者らで組織する出荷組織の御浜柑橘(かんきつ)が販売促進に利用。ハートや星、スマイルマークの図柄の果実を県外の百貨店の物産展などで展示したところ、買い物客や子どもに好評だったという。須崎主任研究員は「外観で興味を持ってもらえる。収穫した果実でできるので、誕生日やイベント時などに使える。販促に活用してほしい」と話す。

中晩かん イラストでPR 「回青」利用し描く

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 鹿島、洋上風車の急速施工法確立…複数作業構台で別工種同時施工

  9. 訪日クルーズ500万人計画! 国際クルーズ拠点を整備へプラン募集

  10. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

アクセスランキングをもっと見る

page top