『北斗星』に続く夜行列車風、関西に個室寝台イメージのホテルがオープン! 画像 『北斗星』に続く夜行列車風、関西に個室寝台イメージのホテルがオープン!

インバウンド・地域活性

JR西日本ファーストキャビンは、夜行列車風のキャビンスタイルホテル「ファーストキャビンステーション」を、今秋にも大阪と和歌山にオープンさせると発表した(5月10日)。

JR西日本ファーストキャビンは、簡易宿所事業を展開するため、JR西日本と株式会社ファーストキャビンの合弁により、今年2月に設立された。

ファーストキャビンはもともと「コンパクト&ラグジュアリー」をコンセプトに、東京・京都・大阪・福岡・長崎で飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテルを運営してきたが、今回は新ブランドとして夜行列車の個室をイメージしたホテルを展開するため、JR西日本と共同で事業を行なうことになった。

この秋にオープンするのは、天王寺駅最寄りで、部屋数約120の「ファーストキャビンステーションあべの荘」(大阪市阿倍野区松崎町)、和歌山市駅最寄りで部屋数約70の「ファーストキャビンステーション和歌山駅」(和歌山市友田町)。

部屋は2人用の「ファーストクラスキャビン」と1人用の「ビジネスクラスキャビン」の2種類があり、男女のエリア別に配置される。

「ファーストクラスキャビン」は床面積が4.4平方mで、幅・奥行・高さそれぞれが2.1mとなる空間に、幅120cmのセミダブルベッドが備えられる。

一方の「ビジネスクラスキャビン」は床面積が2.5平方mで、幅1.2m、奥行・高さがそれぞれ2.1mの空間に、幅100cmのシングルベッドが備えられる。

いずれもコンパクトな空間ながら、「上質で心地よい滞在空間」「旅のワクワク感を感じる温かみのある空間」を演出するという。

このほか、共有施設としてラウンジスペースや大浴場、キャリーケース置場、無料Wi-Fiも備えており、フロントでは荷物預かりにも対応する。

類似する施設としては、昨年12月、東京都中央区の総武本線馬喰町駅最寄りにオーブンした「トレインホステル北斗星」がある。このような簡易宿所は、ビルの空き床を活用して最小限の投資でホテルとしてリノベーションできることから、不動産の価値を高めることができるビジネスモデルとして注目されつつあるという。

『北斗星』に続く夜行列車風…今秋、関西に個室寝台イメージのホテルがオープン

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 千葉県習志野市/大久保地区公共施設再生事業、初弾は公民館・図書館棟

    千葉県習志野市/大久保地区公共施設再生事業、初弾は公民館・図書館棟

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. 鹿やイノシシの頭蓋骨で作った「スマホ用スピーカー」、独特の音質に注目!

  5. 開業わずか1年! 京都で口コミランク3位の旅館、その戦略とは?/京町家旅館 楽遊

  6. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  7. 朝日温海道路の新潟県内区域工事、約50%がトンネルや橋梁に!

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

アクセスランキングをもっと見る

page top