山陰観光をPR!大阪環状線で「たたら侍」ラッピング車 画像 山陰観光をPR!大阪環状線で「たたら侍」ラッピング車

インバウンド・地域活性

JR西日本は4月26日、映画「たたら侍」の公開(5月20日)にあわせ、大阪環状線で「たたら侍」のラッピング列車を走らせると発表した。映画の舞台となった山陰エリアの観光PRを図る。

発表によると、ラッピング列車になるのは201系電車の8両編成1本。映画ロケが行われた奥出雲や大山寺など、山陰各地の風景で車体を装飾する。5月1日から31日まで大阪環状線で運行される。

「たたら侍」は戦国末期、1000年さびない鉄を作るとうわさされた出雲の山村「たたら村」を舞台にした映画だ。監督の錦織良成さんは現在の島根県出雲市出身で、同県の私鉄・一畑電車を舞台にした映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」も監督している。

たたら村のモチーフとなった「菅谷たたら山内」(島根県雲南市)は、6月から運行される豪華寝台列車(クルーズトレイン)『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』の立寄り観光地になる。JR西日本は「当社としても映画『たたら侍』、そしてその舞台となる山陰エリアを大いに盛り上げてまいります」としている。

大阪環状線で「たたら侍」ラッピング車…山陰観光をPR 5月1日から

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 戸田建設がイチゴ栽培に進出。農業の6次化や住民参加も

    戸田建設がイチゴ栽培に進出。農業の6次化や住民参加も

  4. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  5. 小田原市のお城通り地区交流施設、宿場町のにぎわいを演出

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  9. あきる野市の武蔵引田駅北口土地区整、利便性の高い駅前空間の創出へ

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top