GINZA SIXにかんきつ専門店が登場! 1本1万円のジュースも 画像 GINZA SIXにかんきつ専門店が登場! 1本1万円のジュースも

インバウンド・地域活性

 ずらりと並んだ濃淡の異なるオレンジ色――。東京・銀座に4月開業した商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」に、国内でも珍しい、かんきつ専門店が登場した。運営するのは愛媛県八幡浜市でかんきつ農家を営む梶谷高男さん(30)。自慢の店頭で搾るジュースは、多い日で1日270杯を売り上げ、早くも“ヒット”商品の兆しを見せている。

 店の名前は「10 FACTORY(テン ファクトリー)」。愛媛県産かんきつにこだわる。

 瓶入りのジュースに使用するかんきつ類は伊予カンや「不知火」「せとか」など10種類、1本200ミリリットルで価格は540円から。「知名度が高い品種は銘柄で見て購入するお客も多い」と梶谷さんは話す。

 ひときわ目を引くのは「愛媛果試第28号(紅まどんな)」を使ったジュースで、価格は1本(720ミリリットル)1万800円。高価格ながら注目度も高く、初日から1週間で10本以上売れたという。

東京・銀座にかんきつ専門店 1本1万円のジュースも

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 日本の農畜産物、インバウンド向けのお土産に/特産品で活性化

    日本の農畜産物、インバウンド向けのお土産に/特産品で活性化

  3. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

    月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  4. 東京都中央区、都市整備方針を転換/定住人口回復で、ホテルや生活支援施設を後押し

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top