GINZA SIXにかんきつ専門店が登場! 1本1万円のジュースも 画像 GINZA SIXにかんきつ専門店が登場! 1本1万円のジュースも

インバウンド・地域活性

 ずらりと並んだ濃淡の異なるオレンジ色――。東京・銀座に4月開業した商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」に、国内でも珍しい、かんきつ専門店が登場した。運営するのは愛媛県八幡浜市でかんきつ農家を営む梶谷高男さん(30)。自慢の店頭で搾るジュースは、多い日で1日270杯を売り上げ、早くも“ヒット”商品の兆しを見せている。

 店の名前は「10 FACTORY(テン ファクトリー)」。愛媛県産かんきつにこだわる。

 瓶入りのジュースに使用するかんきつ類は伊予カンや「不知火」「せとか」など10種類、1本200ミリリットルで価格は540円から。「知名度が高い品種は銘柄で見て購入するお客も多い」と梶谷さんは話す。

 ひときわ目を引くのは「愛媛果試第28号(紅まどんな)」を使ったジュースで、価格は1本(720ミリリットル)1万800円。高価格ながら注目度も高く、初日から1週間で10本以上売れたという。

東京・銀座にかんきつ専門店 1本1万円のジュースも

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  6. 静岡クラウンメロンカレー……分量の2割が高級メロン成分

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  9. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  10. 「みかんブリ」で地域活性!宇和島プロジェクトの秘策

アクセスランキングをもっと見る

page top