日建連首脳が会見/山内隆司新会長「担い手確保・生産性向上に全力」 画像 日建連首脳が会見/山内隆司新会長「担い手確保・生産性向上に全力」

人材

 日本建設業連合会(日建連)の新会長に山内隆司大成建設代表取締役会長が就任し、新体制が始動した。4月28日に東京都内で開いた定時総会・理事会後に記者会見した山内会長は、中村満義前会長(鹿島代表取締役会長)の路線を踏襲し、「担い手の確保・育成と生産性向上という建設業全体の問題に全力で取り組む」と表明。建築本部長に就いた押味至一副会長(鹿島社長)は「従前の活動を一歩一歩進めたい」と抱負を述べた。土木本部長を続投する宮本洋一副会長(清水建設代表取締役会長)は、公共発注機関との意見交換会に意欲を見せた。=2面に関連記事
 山内会長は、▽働き方改革の推進▽インフラ輸出戦略への貢献▽20年東京五輪への貢献-を課題に挙げた。働き方改革をめぐっては、建設技能者の処遇改善と長時間労働の是正を目的とした週休2日の定着を強く意識。「若い人に顔を向けてもらえる業界にしないといけない」と述べた。民間発注工事の週休2日については「簡単にはいかないが、できる範囲を広げる活動が大事だ。地道に取り組みを広げる。長期戦の構えでやりたい」と述べた。
 インフラ輸出では、安倍晋三首相の外交について「相手国の大統領、首相にじかに会え、大変メリットがある」と評価。「各省庁も前向きで、大いに応えたい」と取り組みを強化する考えを示した。会員企業の手持ち工事の現状については、「各社とも豊富で、余力はかなり厳しい」との認識を示す一方、「IT化や機械化など各社の努力にプラスして団体としても生産性向上に総力を挙げ、工事の消化に全力を尽くす」と決意を示した。
 押味副会長は、民間工事の需要について「引き続き堅調だと思う。(受注と消化に)一生懸命付いていくのが団体としての考え方だ」と述べた。週休2日については、費用や現場の実情を踏まえて方向性を整理することの重要性を強調。協力会社の意向を改めて聞く考えも明らかにした。
 宮本副会長は、近く始まる17年度の国土交通省との意見交換会でも入札契約制度の改善などを積極的に主張する考えを表明。さらに、「週休2日と土曜閉所が一致するかは議論のあるところだが、日建連は土曜閉所とうたった。週休2日を実現するために生産性向上の手を打つよう訴える」と意気込みを示し、週休2日を実行した現場や休みを増やした技能者へのインセンティブを要望する考えも明らかにした。
 同席した中村前会長は、担い手確保・育成や処遇改善の動きが活発化した背景の一つに、日本建設業団体連合会(旧日建連)、日本土木工業協会(土工協)、建築業協会(建築協)の3団体合併を挙げ、「建設業が国民に信頼され、頼りがいのある存在となるようまい進することを期待している」と新体制にエールを送った。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

    ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

  2. 建設現場の週休2日、労組も活動強化/土曜を当たり前に休もう!

    建設現場の週休2日、労組も活動強化/土曜を当たり前に休もう!

  3. 「デュアル」が、人も町も変えていく

    「デュアル」が、人も町も変えていく

  4. 移住者が経営を受け継ぐ「継業」、農山村で動きだす!

  5. 「健康経営が企業の柱になってほしい」。横浜市が健康経営セミナー

  6. 求む! 複数の技能ができる「多能工」!

  7. ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

  8. けんせつ小町活躍現場見学会、建設業で働く女性の仕事や魅力を中学生に

  9. 建設各社で入社式。キーワードは「自己研さん」「自分磨き」

  10. 刑務所出所者の建設業への就職支援、拡大へ

アクセスランキングをもっと見る

page top