学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始 画像 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

制度・ビジネスチャンス

実用新案を取得

 子どもたちのスマホ普及が進むなか、授業中のバイブ音が気になる先生も多いという。そうしたなか学生服大手のトンボ(近藤知之社長、岡山市北区)は「スマホ預かりバッグ」を開発し、販売を開始した。
 この商品は、「授業中のバイブ音が気になる」、「預かった携帯が誰の携帯か一目でわかるようにしたい」、「携帯電話の保管・指導を統一させたい」という学校現場の声を解決するためにつくられ、実用新案を取得している。
 バッグにはクラス表示できるポケットが付いているほか、個人の名前を表示できるポケットが付いていて管理がしやすい。また、電話の保管はメッシュのポケットで、入れやすく、取り出しやすい仕様となっている。
 朝礼から終礼まで、職員室でスマホをしっかり管理できるようになっている。
 問い合わせ=トンボ Tel086・232・0368
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(前編)

    『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(前編)

  2. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

    東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  3. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  4. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  5. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  6. 国交省、貸切バス事業者に対する監査、実効性向上の通達改正

  7. 「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ

  8. 博多道路陥没で土研が原因究明へ。一体何が起こったのか?

  9. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  10. トラック・バス用タイヤを無駄なく使い切る、ミシュランの「3R」とは

アクセスランキングをもっと見る

page top