学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始 画像 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

制度・ビジネスチャンス

実用新案を取得

 子どもたちのスマホ普及が進むなか、授業中のバイブ音が気になる先生も多いという。そうしたなか学生服大手のトンボ(近藤知之社長、岡山市北区)は「スマホ預かりバッグ」を開発し、販売を開始した。
 この商品は、「授業中のバイブ音が気になる」、「預かった携帯が誰の携帯か一目でわかるようにしたい」、「携帯電話の保管・指導を統一させたい」という学校現場の声を解決するためにつくられ、実用新案を取得している。
 バッグにはクラス表示できるポケットが付いているほか、個人の名前を表示できるポケットが付いていて管理がしやすい。また、電話の保管はメッシュのポケットで、入れやすく、取り出しやすい仕様となっている。
 朝礼から終礼まで、職員室でスマホをしっかり管理できるようになっている。
 問い合わせ=トンボ Tel086・232・0368
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

    ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  2. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

    今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  3. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  4. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  5. 【海外進出を支援する:2】有田焼を世界へ広げたローカライズ

  6. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  7. 葬儀件数増も規模は縮小、葬祭ビジネス市場はどうなる?

  8. 静岡県・島田市民病院の新病院基本設計、利用者に分かりやすい平面計画

  9. 【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

  10. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

アクセスランキングをもっと見る

page top