学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始 画像 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

制度・ビジネスチャンス

実用新案を取得

 子どもたちのスマホ普及が進むなか、授業中のバイブ音が気になる先生も多いという。そうしたなか学生服大手のトンボ(近藤知之社長、岡山市北区)は「スマホ預かりバッグ」を開発し、販売を開始した。
 この商品は、「授業中のバイブ音が気になる」、「預かった携帯が誰の携帯か一目でわかるようにしたい」、「携帯電話の保管・指導を統一させたい」という学校現場の声を解決するためにつくられ、実用新案を取得している。
 バッグにはクラス表示できるポケットが付いているほか、個人の名前を表示できるポケットが付いていて管理がしやすい。また、電話の保管はメッシュのポケットで、入れやすく、取り出しやすい仕様となっている。
 朝礼から終礼まで、職員室でスマホをしっかり管理できるようになっている。
 問い合わせ=トンボ Tel086・232・0368
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  3. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

    国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  4. 週休2日、5年で定着めざす! 日建連の働き方改革

  5. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  6. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  7. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  8. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  9. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  10. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

アクセスランキングをもっと見る

page top