首都大学東京のベンチャー、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立 画像 首都大学東京のベンチャー、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立

制度・ビジネスチャンス

古河電池と首都大学東京は、同大学発ベンチャーとして、次世代リチウムイオン電池開発会社「ABRI(Advanced Battery Research Institute)」を南大沢キャンパス プロジェクト研究棟内に設立したと発表した。

昨今、気候変動抑制は喫緊の課題であり、EV(電気自動車)をはじめとする環境対応車の普及、再生可能エネルギーの利用拡大が急速に進んでいる。環境対応車や再生可能エネルギーの有効利用には、蓄電池は欠かせないものであり、中でもリチウムイオン電池はエネルギー密度が高いことから、今後、ニーズの増加および高性能化への要求が見込まれている。

こうした流れを背景に、古河電池と首都大学東京の金村教授率いる研究室は、2012年より、高性能かつ安全性の高いリチウムイオン電池の開発を共同で推進。両者は、これまでの成果および同研究室の開発した新型パレーターを用いた高安全化技術を融合し、ABRI設立を契機に、リチウムイオン電池のさらなる高性能化および実用化をともに目指していく。

古河電池と首都大学東京、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

    【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  6. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  7. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  8. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  9. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  10. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

アクセスランキングをもっと見る

page top