首都大学東京のベンチャー、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立 画像 首都大学東京のベンチャー、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立

制度・ビジネスチャンス

古河電池と首都大学東京は、同大学発ベンチャーとして、次世代リチウムイオン電池開発会社「ABRI(Advanced Battery Research Institute)」を南大沢キャンパス プロジェクト研究棟内に設立したと発表した。

昨今、気候変動抑制は喫緊の課題であり、EV(電気自動車)をはじめとする環境対応車の普及、再生可能エネルギーの利用拡大が急速に進んでいる。環境対応車や再生可能エネルギーの有効利用には、蓄電池は欠かせないものであり、中でもリチウムイオン電池はエネルギー密度が高いことから、今後、ニーズの増加および高性能化への要求が見込まれている。

こうした流れを背景に、古河電池と首都大学東京の金村教授率いる研究室は、2012年より、高性能かつ安全性の高いリチウムイオン電池の開発を共同で推進。両者は、これまでの成果および同研究室の開発した新型パレーターを用いた高安全化技術を融合し、ABRI設立を契機に、リチウムイオン電池のさらなる高性能化および実用化をともに目指していく。

古河電池と首都大学東京、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 「SDGs」「サステナブル経営」をもっとよく知るために

    「SDGs」「サステナブル経営」をもっとよく知るために

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  6. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

  7. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  8. 国交省・伊藤明子住宅局長が就任会見/急増する空き家などストック対策重視

  9. 豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

  10. これ以上の時間の浪費は許されない/JR北海道再生推進会議が「最後通牒」的声明

アクセスランキングをもっと見る

page top