首都大学東京のベンチャー、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立 画像 首都大学東京のベンチャー、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立

制度・ビジネスチャンス

古河電池と首都大学東京は、同大学発ベンチャーとして、次世代リチウムイオン電池開発会社「ABRI(Advanced Battery Research Institute)」を南大沢キャンパス プロジェクト研究棟内に設立したと発表した。

昨今、気候変動抑制は喫緊の課題であり、EV(電気自動車)をはじめとする環境対応車の普及、再生可能エネルギーの利用拡大が急速に進んでいる。環境対応車や再生可能エネルギーの有効利用には、蓄電池は欠かせないものであり、中でもリチウムイオン電池はエネルギー密度が高いことから、今後、ニーズの増加および高性能化への要求が見込まれている。

こうした流れを背景に、古河電池と首都大学東京の金村教授率いる研究室は、2012年より、高性能かつ安全性の高いリチウムイオン電池の開発を共同で推進。両者は、これまでの成果および同研究室の開発した新型パレーターを用いた高安全化技術を融合し、ABRI設立を契機に、リチウムイオン電池のさらなる高性能化および実用化をともに目指していく。

古河電池と首都大学東京、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

    ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  2. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

    ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

  3. お金をかけなければ、知恵が生まれる

    お金をかけなければ、知恵が生まれる

  4. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  5. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  6. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  7. 「おもてなし規格認証」取得は2020年への第一歩/インバウンド・ジャパン

  8. 全農の契約栽培ミニトマト「アンジェレ」拡大/機内食や飲食店へ

  9. ミズノ、作業服事業に本格参入/19年度に25億円目標

  10. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

アクセスランキングをもっと見る

page top