「母の日参り」墓前で感謝伝えて、普及へ共通マーク 画像 「母の日参り」墓前で感謝伝えて、普及へ共通マーク

制度・ビジネスチャンス

 5月14日の「母の日」に、亡き母の墓前を訪ねて感謝の気持ちを表そう――。日本香堂(東京都中央区)やJAグループ和歌山など10社・団体は今年度、「母の日参り」の普及を本格化させる。26日、東京都内で記者発表会を開き、線香や花などに共通のマークを付け認知度を向上させていくことを表明した。

 JAグループ和歌山は、JA紀州青年部を中心に「母の日参りプロジェクト」に取り組み、花き小売業界や消費者らにアピールして認知度向上や花きの消費拡大を図ったことを紹介。同JAの芝光洋専務は「各社・団体と共に母の日参りを提案していく」と話した。

 連携するのは、日本香堂や日比谷花壇、サントリーフラワーズ、生活協同組合コープさっぽろ、石材や和菓子業者など。今年の母の日制定70周年に合わせ、「母の日参り」普及で連携する。

 この日は女優の高島礼子さんが駆け付けた。高島さんは「母を20歳のころに亡くし、それから年齢を重ねて母のありがたみ、存在感をしみじみ感じる。母の日に母を思い出す、母の日参りはいいですね」と話した。

 日本香堂が全国の40代以上の男女を対象に実施した調査では、大型連休から母の日にかけての墓参率が10年前の1.7倍と増加傾向にある。特に40代では同3倍以上に拡大している。同社の小仲正克社長は「墓参の関連需要が見込まれる」と強調した。

「母の日参り」墓前で感謝伝えて 普及へ共通マーク JAグループ和歌山 花業界10社・団体

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

    【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  6. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  7. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  8. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  9. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  10. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

アクセスランキングをもっと見る

page top