農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編 画像 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編

制度・ビジネスチャンス

★広島県の瀬戸内沿岸エリアで始まった事例から学ぶべきこと

前編(農商工連携):「ネロリの島カフェ」~コンサルティング会社が地域特産品で島をリニューアルする~
後編(六次産業化):「とびしま柑橘工房」~農家との直取引のなかで農家の課題を解決する~


「六次産業化」と「農商工連携」。この2つの言葉の違いをご存知だろうか。六次産業とは、あくまでも農家が単独で生産→加工→販売まで一貫した事業を展開することであり、農商工連携とは、農家が専門の商工事業者と提携した共同事業の形でお互いのノウハウや特徴を生かした商品を開発・製造・販売することである。両者はそれぞれ「六次産業化法(農水省)」と「農商工連携促進法(農水省・経産省)」という制度の中で、補助金、助成金等などの支援を受けられる仕組みになっている。

 広島県中央部の瀬戸内に面した呉市安芸灘地区。この地域の特産である柑橘を手がける農家の所得増・生産性向上による地域活性という同じ目標に向かって活動する2つの事業体がある。農業の六次産業化を標榜する「株式会社とびしま柑橘工房」と、農工商連携による収益事業に取り組んでいる「株式会社HR(ネロリの島カフェ)」だ。特集「六次産業化と農商工連携、制度利用が生むビジネスの形」では前・後編の2回に分けて、具体的な手法や取り組みについて紹介する。

■「とびしま柑橘工房」~農家との直取引のなかで農家の課題を解決する~

 とびしま海道の入口、呉市川尻町で育った秦利宏氏は、29歳の時に地元で独立・起業してケーキやパンの製造販売する「アラビアンナイト」を経営していた。その秦氏のお店には、橋で繋がった島の農家から、農協が買い取らない傷物や形の悪い、いわゆる規格外のレモンが”おすそ分け”で持ち込まれるようになり、秦氏はそれを自分の店で菓子パンやお菓子に変えて農家に”お返し”して配っていた。やがてその”おすそ分け”の量が大量になっていくうちに、親しくなった農家からはレモンだけなく、次第に農家の悩みや相談も持ち込まれるようになった。

「農家の課題は地域の課題」、秦氏は友人と農家の悩み事を聞いているうちに「農家から規格外レモンを相場より高く買取ることができれば、農家は安心・継続してレモンを栽培できるようになるはず。その仕組みを作ることがこの地域の課題解決・活性化となる」と志を抱くようになり、2013年1月、自分のお店とは別に、「愛とレモンで島おこし」を合言葉にする友人たちと共同経営の形で、とびしま柑橘工房(株)を設立し、レモン加工品の販売と飲食を併設した「とびしまcafe」をオープンさせた。

 秦氏たちは、規格外レモン使った加工品に付加価値をつけて高値で流通させて販路を拡大させるには「商品をブランド化すること」が必要だと考えている。「とびしま柑橘」の呼称で自社の加工商品をブランド化し、このブランドの価値を理解・尊重してくれる事業者(商社)にだけ自社商品の取り扱い任せる戦略をとっている。もちろん、商品の付加価値を高め、商品を高値で流通させるには商品そのものが魅力的でなくてはならない。とびしま柑橘工房では商品が陳腐化しないように絶えず既存商品の改善や新商品開発を進めており、その成果の1つとして、2017年1月13日発売の「BRUTUS」が行なった誌上企画【帰ってきた!日本一の「お取り寄せ」グランプリ】にて、とびしま柑橘工房の「れもんげ」は果樹園デザート部門のグランプリを受賞するまでになる。

《三浦 真/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  2. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  3. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  4. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  5. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  6. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  7. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

  8. イチゴ輸出にCAコンテナ、船便で鮮度保持しながら輸送コスト大幅減

  9. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  10. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

アクセスランキングをもっと見る

page top