ラーメンの「一風堂」がミャンマー最大の商業都市に1号店をオープン 画像 ラーメンの「一風堂」がミャンマー最大の商業都市に1号店をオープン

海外進出

ターゲットは中間層
日本でも人気が高いラーメンチェーンの「一風堂」が4月11日、ミャンマー最大の商業都市ヤンゴンに1号店をオープンしたという。

一風堂は福岡市に本拠を構える株式会社 力の源(みなもと)ホールディングス(以下「力の源HD」)が運営するラーメンチェーンで、海外14カ国に160店舗、日本国内に100店舗以上を有している。

今回オープンしたIPPUDOヤンゴン店は、オープンしたばかりのショッピングモール「ジャンクション・シティ」の5階に位置し、力の源HDがライセンス契約したシンガポール企業のシンガポール・ミャンマー・インベストコ(Singapore Myanmar Investco Ltd .)が管理しているという。

IPPUDOヤンゴン店の経営責任者であるKyaw Thaung氏は、「ミャンマーの人々に広く知られている寿司や刺身とは別に、日本食の選択肢を増やすことによって、比較的豊かな消費者を引き付けられるだろう」(Japan Timesより)
と述べ、期待を膨らませた。

選べるメニュー
IPPUDOヤンゴン店の代表メニューは、日本でも定番のとんこつ味の「白丸元味」やとんこつベースに豆板醤などでスパイスをきかせた「からか麺」など。ラーメンのサイズは「スタンダード」と「スペシャル」から選べる。

また、ラーメンのお供ともいえるジューシーな餃子も「オリジナル」と「スパイシー」という2つのテイストから選べるという。

ミャンマーでとんこつ味が定着するのか、注目が集まる。

(画像はmizzimaより)
《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  2. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. 【特別企画】訪日観光客2000万人突破と中小企業の生き残りを懸けた海外戦略[後編]

  5. 英ワイン品評会上位の“SAKE”、その味は?

  6. 小学校段階での英語教育や海外体験はなぜ必要?

  7. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  8. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  9. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  10. シンガポール、香港、台湾で農林中金が農産物輸出支援を強化、見本市出展など計画

アクセスランキングをもっと見る

page top