カーネーション「母の日」高値、輸入/国産とも入荷不安定 画像 カーネーション「母の日」高値、輸入/国産とも入荷不安定

制度・ビジネスチャンス

 東京市場で「母の日」(5月14日)向けカーネーションが品薄になる可能性が出ている。半数以上を占める輸入物が天候不良で少ない中、国産も不安定な出荷が見込まれている。仕入れは28日ごろから本格化するが、卸売会社は「気温が高い状況が続けば前倒しの出荷となり、母の日近辺では一部不足感が出る」とみる。

 同市場での「母の日」向けカーネーションの約7割を輸入物が占める。輸入商社によると、主力のコロンビア、エクアドルでは、4月以降に異例の曇雨天が続き、生育が鈍化。「生育遅れに伴い、当初の予定より数量が減る可能性はあるが、まだ予測できない」と輸入業者は話す。

 国産も産地によって生育にばらつきがある。主力の愛知県JA愛知みなみでは、ここ数日の気温の上昇で出荷がやや前倒しとなっている。「温暖な気候が続けば、販売ピークの5月8日には入荷が少なめになる」とみる。千葉県でも「ここ数日続いた高温で1、2週開花が早まっており、前倒し傾向」(JA安房)という。

 一方、栃木県では昨年秋口の曇天の影響で一部の産地で一番花の出荷に遅れが発生。JA全農とちぎは「母の日向けに出荷予定の二番花もやや遅れている」と説明する。

 今年の「母の日」は、行楽需要が一服した大型連休明けで、生花店にとって売りやすい年とされる。小売りの仕入れ最盛は5月第2週。卸売会社は「現状、4、5日生育が前進している産地では5月は出荷の谷になる」とみる。別の卸売会社でも「今の状況だと、輸入物も国産も少なく、品薄高になる可能性が高い」と見込む。

 17日の東京市場のカーネーション(赤色)の入荷量は7万本。価格(中値)は1本83円で前年を36%下回った。

カーネ「母の日」高値 輸入、国産とも入荷不安定 東京市場

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  2. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

    建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  5. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  6. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  7. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  8. 三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

  9. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  10. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

アクセスランキングをもっと見る

page top