~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか? 画像 ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

人材

 時代を生き抜く強い企業とは何でしょう? すばらしい商品やサービスはもちろんですが、そこにいたる会社のなかでの社員どうしのコミュニケーションが、本当はいちばん大切なのかもしれません。仲間と笑い合える会社が、今元気です。「小さい」「予算がない」「時間が足りない」といった悪条件を、彼らはどんな発想で乗り越えていったのか? 明るく楽しい会社やリーダーの活動から解き明かしていきます。第四回は、飲食店や結婚式場を運営するサービス・飲食業「一家ダイニングプロジェクト」の武長太郎社長です。

◆第四回 武長太郎さん(40歳)◆
20歳で「こだわりもん一家」「屋台屋博多劇場」を主軸に経営。2012年にブライダル事業に参入、「The Place of Tokyo」をオープン。その後海外進出1店舗目としてハワイに「ラーメンBar GOLDEN PORK」をオープン。創業20年の節目を迎え今後上場を視野に入れている。

■高定着率を維持しながら売上も延ばすサービス業

 アパレル、飲食店、サービス業は、一般に社員の離職率が高いとされている。人材確保や維持が困難で、業務に支障をきたすこともある。かといってアルバイトや社員に無理を強いれば人が定着しないといった負のスパイラルに陥ってしまう。

 サービス業において、慢性的な人手不足は深刻で、社員にいかに長く働いてもらうかが大きな経営課題にもなっている。その中、飲食店や結婚式場を運営するサービス・飲食業でありながら、グループの離職率が20%弱(2015年4月~2017年2月)を保っているというにわかに信じがたい会社がある。

「こだわりもん一家」や「屋台屋博多劇場」など東京、千葉、埼玉に直営37店舗を展開する一家ダイニングプロジェクトだ。同社は、海外店舗(ラーメンBar:GOLDEN PORK)や、ブライダル事業(結婚式場:The Place of Tokyo)も展開し、2016年度の売上は43億円を越えており、2017年は年商54億円をめざし、上場を計画している。社員の高い定着率を誇りながら、ここ3年の売上は前年比で10%前後の成長も続けている。

■人材選びのポイントは価値観の共有

 一家ダイニングプロジェクト 代表取締役社長 武長太郎氏は、社員の採用について心掛けているのは「経営理念や価値観を共有できるかどうか」だそうだ。「あらゆる人の幸せに関わる日本一の“おもてなし”集団」というグループミッションを理解して、実践できる人かどうかを重視するという。武長氏の言葉を借りれば「自分以外の人が喜んでくれることに幸せを感じる人」だ。そのため、同社の採用では専門的な知識、経験は最優先ではないという。

 武長氏がこのような考えを持つようになったのは、飲食店経営における挫折を経験してからだ。武長氏は若くして店を構え、20代で店舗を5、6店に増やすなどビジネスで成功を治めていた。そのころは、社員は数年したら独立するか、転職するものと思っており、むしろその方が人件費を抑えられてよいとさえ思っていたそうだ。

 しかし、ビジネスが傾き始めたとき、そのような認識ではいざというとき誰も本気で力になってくれないと気づき、社員は仲間であり家族のような存在であるべきではないかと意識を改めたという。社名の「一家」の由来でもある。

「仕事の中に、家族や仲間であることを意識するシーンを作ることを心掛けています。毎月、一家塾という勉強会や、各店舗を共有する場を設けています。年一回の一家祭りというイベントはアルバイトも含めて経営理念をより深く理解すると共に賞賛の場も設けます。社員の家族向けのイベントや、各店舗の状況やスタッフを取り上げる社内報を作ったり、とにかくコミュニケーションを大切にしています」

《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

    事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 社歌に出会う旅 1~豊橋商工会議所「社歌ラップ・ワークショップ」~

    社歌に出会う旅 1~豊橋商工会議所「社歌ラップ・ワークショップ」~

  4. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?/第2回 働き方改革「10のキーワード」

  5. 中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

  6. 働き方改革省庁連絡会議が初会合、8月に適正工期設定ガイドライン策定

  7. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  8. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  9. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  10. 「中小企業の《経営論》」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

アクセスランキングをもっと見る

page top