三菱地所レジデンス、クアラルンプール近郊のマンション開発に参画

海外進出

【マレーシア】三菱地所レジデンスは29日、マレーシアの大手企業IOI傘下の不動産会社パインプロパティーズがクアラルンプール(KL)近郊で開発中の住宅事業「ザ・ジェムズ」のプロジェクト会社の株式45%を取得し、事業に参画すると発表した。

 IOIがオフィス、住宅、レジャー施設、ホテルなどを開発している「IOIリゾート」内の約4万平方メートルの敷地に地上12階から34階のマンション8棟を開発する。総戸数676戸、専有面積は約110-160平方メートル。2017年5月着工、2019年3月の販売開始を見込む。

三菱地所レジデンス、KL近郊のマンション開発に参画

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  2. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. 【特別企画】訪日観光客2000万人突破と中小企業の生き残りを懸けた海外戦略[後編]

  5. 英ワイン品評会上位の“SAKE”、その味は?

  6. 小学校段階での英語教育や海外体験はなぜ必要?

  7. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  8. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  9. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  10. シンガポール、香港、台湾で農林中金が農産物輸出支援を強化、見本市出展など計画

アクセスランキングをもっと見る

page top