よつ葉乳業が減塩バター発売、ターゲットは「中高年」! 画像 よつ葉乳業が減塩バター発売、ターゲットは「中高年」!

制度・ビジネスチャンス

 よつ葉乳業は、新商品「よつ葉北海道十勝バター 塩分50%カット」の発売を始めた。日本食品標準成分表(2015年版)の有塩バターと比べ、塩分量を半分に抑えた。同社によると減塩をうたったバターは珍しく、全国的に流通する商品としては初という。

 北海道産の生乳を100%使用。50代以上を主なターゲットに塩分を控えても、バターのうま味が感じられるとPRする。

 同社のバターはこれまで、加塩の他、製菓など向けの食塩不使用の2種類を販売してきた。一方、中高年を中心に減塩への意識が高まっていることから、バターのうま味を保ち減塩もできる商品を開発した。

 同社は「加塩バターをあまり使わない人を取り込み、バターの需要を増やしたい」(総務広報グループ)。希望小売価格は356円。全国のスーパーなどで販売する。

減塩バター発売 中高年の需要取り込む よつ葉乳業

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  2. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  3. 鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設

    鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設

  4. 『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(後編)

  5. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  6. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  7. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  8. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  9. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  10. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top