電気/通信設備工事各社、技術系の新入社員数が大幅増! 画像 電気/通信設備工事各社、技術系の新入社員数が大幅増!

人材

 新年度がスタートし、多くの新入社員を迎え入れた電気・通信設備各社で、早くも来春の採用に向けた動きが活発化している。日刊建設工業新聞社が電気・通信設備工事12社に実施したアンケートによると、来春(18年4月)入社の採用予定人数を公表した8社のうち5社が、今春より採用人数を増やすと回答した。2020年東京五輪関連施設整備などによる工事量の増大に備え、各社が増員を計画している。
 12社に今春入社した新入社員の総数は1392人(16年度1209人)で、このうち技術系は1194人(1065人)と大幅増。来春の採用については、予定人数を回答した8社中5社(きんでん、トーエネック、協和エクシオ、日本コムシス、富士古河E&C)が今春よりも増やす計画となっており、他の3社(ミライト、住友電設、日比谷総合設備)もほぼ横ばいか微減となっている。
 来春の採用予定人数を回答した企業からは、「中期経営計画達成や将来の事業環境を見据えている」(協和エクシオ)、「継続的な採用を実施し、適正な要員配置と組織の若返りを図り、技術伝承を図る」(日本コムシス)、「人手不足への対応、若年層への技術伝承」(富士古河E&C)などの回答が寄せられた。
 採用人数を増やすための取り組みとしては、「広報ツールの刷新やインターンシップ開催数の増加」(関電工)、「中部電力グループの学内企業説明会などでの学生へのアプローチ」(トーエネック)、「就職求人媒体でのPR活動や各大学の就職担当教授、就職課との連携強化」(ミライトテクノロジーズ)などが挙がった。加えて、東光電気工事、日本コムシス、協和エクシオ、住友電設、富士古河E&C、ユアテックなどはインターンシップなどで学生へのアピールに力を入れるとしている。
 「リクルーターや面接官に対してのトレーニング内容の見直し」(日本コムシス)など採用側のスキルアップの取り組みも始まっており、学生の獲得競争は一段と激しくなりそうだ。

電気・通信設備工事各社/技術系の新入社員数が大幅増/18年度も増加傾向に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 北海道開発局ら/担い手確保・育成推進協が会合/労働環境改善と賃金・休日の充実必要

    北海道開発局ら/担い手確保・育成推進協が会合/労働環境改善と賃金・休日の充実必要

  2. 国交省の毛利信二事務次官が就任会見/働き方改革、担い手の確保や生産性向上を

    国交省の毛利信二事務次官が就任会見/働き方改革、担い手の確保や生産性向上を

  3. 「イクメン企業アワード2016」に見る、育児休業取得促進のヒント

    「イクメン企業アワード2016」に見る、育児休業取得促進のヒント

  4. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  5. 三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん

  6. 石井啓一国交相、けんせつ小町活躍現場見学会を初視察/建設業の魅力をPR

  7. 事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

  8. ~HANJO女子~ 女性ならではの視点で建設業界のあり方を考えたい

  9. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  10. 山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート

アクセスランキングをもっと見る

page top