サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出 画像 サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

IT業務効率

■IoTデバイスの世界は日進月歩、「体験のアップデート」を続ける

 and factoryは、今年中に計7か所、3年以内に30か所で「&AND HOSTEL」あるいはそれに類する施設の開業を予定している。5月に開業する上野(稲荷町近辺)のほか、主に東京・大阪・京都・福岡での展開を予定しており、積極的に全国に広げていく。

 ただ、同社が考える方向性は、「店舗数の拡大、施設の差別化」より「体験のアップデート」(石田氏)が重要としており、日進月歩で登場するさまざまな新製品を、積極的に導入していく計画だ。またこうした他社開発の製品だけでなく、産学連携などによる成果も採り入れる方針で、九州大学および東北大学とコンソーシアムを組んで、まだ製品となっていない要素技術も視野に入れているという。

 同社は「日常の暮らしに&(+)を届ける」をテーマに事業展開しており、「“ちょっと先のIoTのある暮らし”を体験してもらうことこそが、おもてなし。そしてその先にあるもの」(石田氏)だと考察している。「&AND HOSTEL」における“おもてなし”の根幹としても、「宿泊施設」「バイリンガルスタッフ+コミニュケーションラウンジで、出会いを生み出す場」「先進的なIoTなど、未知との体験」という、3つの側面を重視していきたいと締めくくった。



width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《冨岡晶/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 戸田建設が園芸実証ハウスでイチゴ収穫/IoTで設備や機器を制御

    戸田建設が園芸実証ハウスでイチゴ収穫/IoTで設備や機器を制御

  2. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  3. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

    静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

  4. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  5. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  6. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  7. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  8. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  9. 香川県三木町にICT建機のデモサイト、i-Con施工が体験可能に

  10. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

アクセスランキングをもっと見る

page top