サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出 画像 サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

IT業務効率

【記事のポイント】
▼宿泊客が複数の設備をスマートフォンひとつで操作できることの利便性
▼専用に開発された機器でなくても既存の機器を活用することでコスト削減が可能
▼宿泊施設はコト消費の一部であると考える


 インバウンド需要の拡大、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックといった要因から、「おもてなし」がキーワードとして注目されている。

 さらに、IT/IoTを活用した「おもてなし2.0」とでもいうべきサービスや製品が、飲食業・旅行業・物販業の領域で、多数登場しつつある。本連載はそうした最新事例を紹介し、自社での導入の参考とする内容だ。

 今回は、スマホアプリ開発を中心としているand factory株式会社がプロデュースしたスマートホステル「&AND HOSTEL」に焦点を当てる。「&AND HOSTEL」は、最先端IoTデバイスを駆使したスマートホステルだ。「宿泊体験そのもの」が、観光目的にもなるような先進的なサービス空間を提供しているのが特徴で、“日本初のIoT体験型宿泊施設”として1号店「&AND HOSTEL」を、2016年8月に福岡で開業。そして、2号店「&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH」を、2017年4月5日に東京・浅草北で開業し、いよいよ首都圏にも進出した(共同運営:PLAY&co)。

■IoTデバイス集結により生まれた、独特な「宿泊体験」

 2号店「&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH」が開業した北浅草エリア(台東区日本堤)は、もともと低価格の宿泊施設が多く、近年は海外訪日客からとくに人気が高いエリアだ。「&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH」の宿泊料金も、Dormitoryタイプが3,000円、TwinRoomタイプが8,000円、そしてIoT SemiDoubleタイプが7,500円、IoT TwinRoomタイプが8,500円と、リーズナブルな価格となっている。宿泊客には、宿泊期間中、専用アプリをインストールしたAndroid端末を貸し出し、それで操作してもらうというスタイルとなっている。

 開業後は、2日目90%、3日目100%、4日目100%で、以降も高い稼働状態が続いている。利用客はやはり海外訪日客が多く、国内客15%に対し海外客が85%を占める(福岡1号店は、国内客20%:海外客80%程度)。年齢層は20~30代で、性別は半々と、このへんは周辺のホステルと比較的変わらない模様だ。and factory執行役員の石田育男氏によると、「IoT体験」だけをメイン目的にしている海外客は少なく、海外のトラベルサイトなどでも、IoTについては、特別に大きく広報してはいないという。普通に宿泊に来て、IoT体験に驚く客もいるとのこと。一方で、CESへの出展の要請があったり、海外からのIoT関連取材もすでにあったりするそうだ。

 同社は、「&AND HOSTEL」を「日本のIoT技術力を世界へ発信するプレゼンテーションの場」「IoTデバイスの技術開発/実証実験の場」「IoTプラットフォーム構築の研究/改善の場」として捉えている。「購入するにはまだ早い、ショールームで体験するだけでは物足りない、近未来のIoTのある暮らしを、宿泊を通じて体験してもらうという企画」(石田氏)からスタートし、エンジニア4名・ディレクター3名・デザイナー1名が約1.5か月間でベースを開発した。

《冨岡晶/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

    「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

  2. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

    【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  3. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  6. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  7. 中部整備局/i-Con中部ブロック推進本部が会合/舗装と浚渫でICT活用

  8. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  9. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  10. 軽貨物版Uber? 利用者とドライバーをマッチングする「単身引越サービス」

アクセスランキングをもっと見る

page top