パルコが5カ年経営計画、総額668億円でスクラップアンドビルド 画像 パルコが5カ年経営計画、総額668億円でスクラップアンドビルド

インバウンド・地域活性

 パルコは17~21年度の新中期経営計画をまとめた。5カ年の総投資額は668億円を見込み、商業関連施設12件の開発などに取り組む。都心型店舗の優位性を高めるための店舗のスクラップ・アンド・ビルドを進めながら、新たな開発ニーズへの対応や開発業態・スキームの多様化にも取り組む。
 投資額の内訳は、商業施設開発や新規事業などの戦略的投資が404億円、店舗改装や関連事業など経常的投資が264億円。
 中計期間に開発する商業施設12件のうち、大型店を中心としたパルコ型が4件、都心の一等地で中低層施設を展開するゼロゲート型が5件、新業態型が3件。
 公表ベースの開発計画によると、パルコ型ではJフロントリテイリングが東京・上野で建設中の松坂屋上野店新南館内に新施設(対象面積約1万2000平方メートル)が今秋開業する予定。建て替え計画が進む新生渋谷パルコ(地下3階地上19階建て延べ6万4000平方メートル)の本体工事に5月にも着手し、19年秋の開業を目指す。
 ゼロゲート型では17年度中に京都と東京・原宿に新たな施設を開業する。神戸市の三宮でも既存物件を取得し、ゼロゲートの開業に向けて事業を進める。
 新業態型では東京都墨田区のJR錦糸町駅前にある楽天地ビルの一部(地下2階~地上9階延べ2万6654平方メートル)を賃借し、新たな商業施設を整備する。施設の改修や店舗企画・テナントリーシングなどを進め、18年度下期の開業を目指す。

パルコ/5カ年経営計画/総額668億円投資、大型店など商業施設12件開発

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

    CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  3. JR西広島駅南口再開発、大きく変貌する西の玄関口

    JR西広島駅南口再開発、大きく変貌する西の玄関口

  4. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  5. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  6. 羽田空港跡地開発、「にほん文化体験館」などインバウンド/地方創生拠点も

  7. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  10. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top