次世代IoTシステムの規格化を目指す業界団体が発足、オープンイノベーションへ 画像 次世代IoTシステムの規格化を目指す業界団体が発足、オープンイノベーションへ

IT業務効率

 国内のITベンダー、セキュリティベンダー、クラウドサービス事業社などIoT事業を推進する25の会社・団体で構成された一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会は、3日より、発足した。

 2020年までに全世界で500億台以上がネットワークに接続されることが予測される、来たるべきIoT社会において、安心・安全にIoT機器やサービスを利活用できるようにすることは、日本のみならず世界規模で喫緊の課題だといえる。

 そうした中で同協議会は、日本の産業界の知見を集めたオープンイノベーションにより、IoT機器の製造段階から、クラウド環境でのサービスレイヤーまで包含したセキュリティ標準およびそれを実現するためのセキュリティ実装のガイドラインを策定し、関連する団体・協議会との連携をもとに、日本発の次世代の安心・安全なIoTシステムの規格化とアジア、欧米への連携、普及を目指すという。

 統合された規格を作ることで、各企業などが個別に対応するよりも開発工数を削減し、事業化のスピードを向上させることを目的としており、セキュアIoTプラットフォームの普及&デファクトスタンダード化に向けての活動を軸に、オープンイノベーションでのIoT利活用推進および事例構築、共同実証実験(POC)の実施、最新IoTセキュリティ関連情報の発信などを事業内容としている。

安心・安全な次世代IoTシステムの規格化を目指す業界団体が発足!

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

    カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  4. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  6. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  7. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  8. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  9. ANA、VR/ARを活用した「総合トレーニングセンター」を新設へ

  10. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

アクセスランキングをもっと見る

page top