宮崎県が防災拠点庁舎を建設。平常時にはイベントに活用 画像 宮崎県が防災拠点庁舎を建設。平常時にはイベントに活用

制度・ビジネスチャンス

 宮崎県は、県庁舎敷地内(宮崎市橘通東)に計画している「防災拠点庁舎」の実施設計概要を公表した。曳家工事で移築する既存の5号館なども含めた全体規模は延べ2万5251平方メートル。このうち庁舎本体はS一部RC造地下1階地上10階建て延べ2万4120平方メートルで、免震構造の採用や1階床面のかさ上げなどにより災害発生時にも防災拠点としての司令塔機能を果たせる庁舎とする。17年度後半に本体着工し、19年末ごろの完成を目指す。設計担当は山下設計・岩切設計・ごとう計画・設計JV。
 建設位置は現在の県庁外来者第1駐車場。敷地の南側に寄せて配置することで災害時には駐車スペースとなり、平常時にはイベントなどに活用できる防災広場を確保する。庁舎内には福祉保健部、危機管理防災センター、県土整備部などが入居。災害時には災害対策本部となる会議室や研修室などを設け、屋上にはヘリポートを設置する。
 地下駐車場の柱の上部に免震装置を設置する柱頭免震構造を採用。1階床面をかさ上げするほか、最大14日間連続運転が可能な非常用発電機などの設備機器を上層階に設置し、1階のエントランスなどは災害時の一時避難場所とし災害応急対策活動スペースと明確に区分する。エントランスホールには県産の木材を活用する。
 17年度一般会計当初予算には建設費として9億0282万2000円を計上するとともに19年度までの限度額122億5918万5000円の債務負担行為を設定。17年11月定例県議会に工事請負契約締結議案を諮ることを想定し、工事発注手続きを進める。発注方法は今後検討するが、本体建築工事はWTO対象案件の一般競争入札になる見込みだ。

宮崎県/防災拠点庁舎建設/移築分含め延べ2・4万平米、17年度着工めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  2. マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

    マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

  3. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

    政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  4. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  5. 鶴岡市と三川町の新ごみ焼却施設、DBO方式に

  6. 社保未加入の建設5万業者に行政指導書、異例の一斉送付

  7. 大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

  8. おにぎり値上げ、業務用米が高値で価格に転嫁/コンビニやスーパー

  9. 名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

  10. 雪や風に負けない、木造構造のビニールハウス/広島県廿日市市

アクセスランキングをもっと見る

page top