熊谷組の新マスコット「くま所長」誕生! 魔法の「くまスティック」も注目! 画像 熊谷組の新マスコット「くま所長」誕生! 魔法の「くまスティック」も注目!

制度・ビジネスチャンス

 熊谷組に新しいマスコットキャラクターが誕生した。名前は「くま所長」で、「熊谷組なんでも研究所」の所長を務める。同社のヘルメットと法被を身に着けた愛らしい熊のキャラクターで、ノベルティーに使うほか、現場の仮囲いや展示会、工事の竣工祝賀会などの場で活用していく。
 同社は12年、UHA味覚糖とコラボレーションしたノベルティーグッズ「熊谷グミ」を制作。14年からはオリジナルキャラクター「こぐまっちょ」をグミのパッケージに使ってきた。
 こぐまっちょは、多くの顧客や現場の見学に訪れた子どもから人気を集めているという。今後も親しまれる企業であり続けるためのイメージシンボルとして、こぐまっちょを発展させたくま所長を同社のマスコットキャラクターに定めた。
 くま所長は、顧客や社員から声が掛かれば、世界中どこへでも飛んでいき、手伝いをするという設定。魔法の「くまスティック」を一振りするといろいろな姿に変身できるなど、九つのコンセプトがある。くま所長の着ぐるみも併せて制作。幅広い年齢層に愛されるキャラクターとして定着を図り、同社のイメージアップにつなげていく。

熊谷組/新マスコット「くま所長」誕生/ノベルティーに使用、幅広い世代にPR

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?

  2. 「おもてなし規格認証」取得は2020年への第一歩/インバウンド・ジャパン

    「おもてなし規格認証」取得は2020年への第一歩/インバウンド・ジャパン

  3. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

    国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  6. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  7. 衆院総選挙に向けて、はやくも「必勝」煎餅が!

  8. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  9. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

  10. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

アクセスランキングをもっと見る

page top