熊谷組の新マスコット「くま所長」誕生! 魔法の「くまスティック」も注目! 画像 熊谷組の新マスコット「くま所長」誕生! 魔法の「くまスティック」も注目!

制度・ビジネスチャンス

 熊谷組に新しいマスコットキャラクターが誕生した。名前は「くま所長」で、「熊谷組なんでも研究所」の所長を務める。同社のヘルメットと法被を身に着けた愛らしい熊のキャラクターで、ノベルティーに使うほか、現場の仮囲いや展示会、工事の竣工祝賀会などの場で活用していく。
 同社は12年、UHA味覚糖とコラボレーションしたノベルティーグッズ「熊谷グミ」を制作。14年からはオリジナルキャラクター「こぐまっちょ」をグミのパッケージに使ってきた。
 こぐまっちょは、多くの顧客や現場の見学に訪れた子どもから人気を集めているという。今後も親しまれる企業であり続けるためのイメージシンボルとして、こぐまっちょを発展させたくま所長を同社のマスコットキャラクターに定めた。
 くま所長は、顧客や社員から声が掛かれば、世界中どこへでも飛んでいき、手伝いをするという設定。魔法の「くまスティック」を一振りするといろいろな姿に変身できるなど、九つのコンセプトがある。くま所長の着ぐるみも併せて制作。幅広い年齢層に愛されるキャラクターとして定着を図り、同社のイメージアップにつなげていく。

熊谷組/新マスコット「くま所長」誕生/ノベルティーに使用、幅広い世代にPR

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  2. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

    新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  3. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  4. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  5. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  6. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  7. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  8. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  9. ヤマト運輸、長良川鉄道の客貨混載輸送を本格的に開始/乗客がいても作業は安全

  10. 国交省が総価契約単価合意で新方式。追加分だけ新落札率で、4月公告分から適用

アクセスランキングをもっと見る

page top