三井住友建設が物流施設向けにPCaPC工法開発、高品質・短時間で大スパン化実現 画像 三井住友建設が物流施設向けにPCaPC工法開発、高品質・短時間で大スパン化実現

IT業務効率

 三井住友建設は29日、物流施設向けのプレキャスト・プレストレストコンクリート工法「スクライム-PC工法」を開発したと発表した。RC製のPCa(プレキャスト)部材と、大スパン化を可能にするPC(プレストレストコンクリート)の技術を組み合わせ、大空間の物流施設を高い品質を確保しながら短時間で施工することを可能にした。
 同社は、これまでに超高層マンション分野で、高品質で短時間施工を可能にする「スクライム工法」と「スクライム-H工法」を開発。橋梁分野では、PC技術を保有しており、これらの技術の組み合わせによってスクライム-PC工法を開発した。
 スクライム-PC工法は、柱をPCaにするとともに、短スパン方向に柱梁接合部一体型のスクライム大梁、直交するロングスパン方向にPC技術を採用した約12メートルのスクライム-H大梁を使用。すべての主要構造体には、工場生産したRC製の部材を使用するため、高い品質を確保できる。
 ロングスパン方向は、ポストテンション方式のPCを使うことで、大きな積載荷重にも対応しながら大スパン構造を可能にする。免震構法と組み合わせることで、耐震壁や筋交いなど耐震要素のないフレキシブルな内部空間を実現する。
 同社は、物流施設を施工する工法として、柱をRC造、梁をS造にするハイブリッド構造の「ミック構法」や、ミック構法の柱をPCa化し、施工時間を短縮する「ミックPCa構法」を既に開発している。
 今回新たに開発したスクライム-PC工法をラインナップに加えることで、これまで以上に適材適所で事業主のニーズに幅広く対応できるようになるという。

三井住友建設/物流施設向けにPCaPC工法開発/高品質・短時間で大スパン化実現

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

    カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  4. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  6. ANA、VR/ARを活用した「総合トレーニングセンター」を新設へ

  7. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

  8. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  9. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  10. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

アクセスランキングをもっと見る

page top