国立アイヌ民族博物館建設、予定地はポロト湖畔周辺 画像 国立アイヌ民族博物館建設、予定地はポロト湖畔周辺

インバウンド・地域活性

 文化庁は、北海道白老町に建設を計画している「国立アイヌ民族博物館」の基本設計概要を公表した=完成イメージ。建物はSRC造2階一部3階建て延べ約8600平方メートルの規模。1階にシアター、エントランスホール、会議室、2階に展示室、収蔵庫を配置する。建築基本設計は久米設計、展示基本設計は丹青社がそれぞれ担当。17年度の着工、20年度の開館を目指す。
 建設地は白老町若草町のポロト湖畔周辺。アイヌの歴史・文化に関する理解の促進を目的とした展示・研究拠点として整備する。
 展示スペースは▽アイヌ文化に関する基本的な情報を伝える「基本展示室」(1250平方メートル)▽多様な切り口による展示を一定期間紹介する「テーマ展示室」(最大600平方メートル)▽映像や音声でアイヌ文化を紹介する「シアター」(150平方メートル)▽最新の調査・研究成果などを紹介する「特別展示室」(最大1000平方メートル)-で構成。天井高は6~7メートル程度を確保し、容易に展示を更新できるようにする。
 博物館の周辺では国土交通省北海道開発局がアイヌ民族に関する公園「国立の民族共生公園」の整備を計画している。

文化庁/国立アイヌ民族博物館建設(北海道白老町)/基本設計完了、17年度着工へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  2. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  3. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

    20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  4. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  5. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  8. 埼玉を日本一の「うどん県」に! 製麺量2位/狙え、香川超え!

  9. 兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

  10. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top