叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ 画像 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

インバウンド・地域活性

京阪ホールディングスと同社グループの叡山電鉄は3月30日、叡山電鉄に観光用車両を導入すると発表した。2018年春から運行する。

発表によると、700系電車1両を大幅にリニューアル。沿線にある比叡山と鞍馬山の「荘厳で神聖な空気感や深淵な歴史」、「木漏れ日や静寂な空間から感じる大地の気やパワー」などのイメージを「楕円」で表現したという。イメージ図では、車体先頭部が大きな「楕円ループ」でデザインされている。

叡山電鉄は、出町柳~八瀬比叡山口間5.6kmの叡山本線と宝ヶ池~鞍馬間8.8kmの鞍馬線を運営する鉄道会社。両線とも京都市左京区内にある。八瀬比叡山口駅は比叡山への観光ルート上にあり、鞍馬駅の近くには鞍馬寺の山門がある。

叡山電鉄、観光用の「楕円電車」導入へ 2018年春

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 中部国際空港の複合施設、これまでに例のない新しい空間へ

  8. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  9. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  10. パルコが5カ年経営計画、総額668億円でスクラップアンドビルド

アクセスランキングをもっと見る

page top