名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手 画像 名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

制度・ビジネスチャンス

 名古屋市は、1970年3月の完成で老朽化している千種区役所(千種区覚王山通8)の改築に向け、17年度に調査に着手する。現在地での建て替え、移転の両面から検討。同年度中に基本的な方向をまとめ、早期実現を図る。
 覚王山通に面した敷地3513平方メートルに立つ現在の庁舎は、都市再生機構賃貸住宅との合築施設。規模はSRC造地下3階地上12階建て延べ1万8465平方メートルで、地下3階から地上3階(約8649平方メートル)に区役所と保健所、4~12階に池下第二市街地住宅が入っている。
 完成後47年が経過し手狭で、老朽化が目立つほか、駐車場も不足している。区役所は耐震改修が終わっているが、住宅部分の耐震性が確保されていないなどの課題も抱えている。
 17年度予算には200万円の調査費を計上した。都市再生機構と連携しながら利用形態、関係諸法令を精査した上で、改築後の施設規模や形態などを検討する。移転する場合の移転先についても探っていく。
 17年度中に基本的な方向をまとめ、市民意見も聞きながら、早期に計画を策定する考えだ。

名古屋市/千種区役所改築/17年度に調査着手

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

    どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

  2. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  3. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

    「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

  4. ヤマト運輸が全但バスと「客貨混載」を開始、物流効率化と過疎化のバス路線網維持

  5. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  6. 生鮮品宅配に異業種続々! 外食チェーン、家電量販が参入

  7. 「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ

  8. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  9. 立体道路制度緩和へ、商業施設一体の交通ターミナル整備が条件

  10. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

アクセスランキングをもっと見る

page top