名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手 画像 名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

制度・ビジネスチャンス

 名古屋市は、1970年3月の完成で老朽化している千種区役所(千種区覚王山通8)の改築に向け、17年度に調査に着手する。現在地での建て替え、移転の両面から検討。同年度中に基本的な方向をまとめ、早期実現を図る。
 覚王山通に面した敷地3513平方メートルに立つ現在の庁舎は、都市再生機構賃貸住宅との合築施設。規模はSRC造地下3階地上12階建て延べ1万8465平方メートルで、地下3階から地上3階(約8649平方メートル)に区役所と保健所、4~12階に池下第二市街地住宅が入っている。
 完成後47年が経過し手狭で、老朽化が目立つほか、駐車場も不足している。区役所は耐震改修が終わっているが、住宅部分の耐震性が確保されていないなどの課題も抱えている。
 17年度予算には200万円の調査費を計上した。都市再生機構と連携しながら利用形態、関係諸法令を精査した上で、改築後の施設規模や形態などを検討する。移転する場合の移転先についても探っていく。
 17年度中に基本的な方向をまとめ、市民意見も聞きながら、早期に計画を策定する考えだ。

名古屋市/千種区役所改築/17年度に調査着手

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

    今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  5. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  6. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  7. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  8. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  9. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  10. 農業や農産物のPR手法、おしゃれに進化!/スペシャリストが活躍

アクセスランキングをもっと見る

page top