名古屋市・JRゲートタワーが完成。地下5・6階にはリニア中央新幹線! 画像 名古屋市・JRゲートタワーが完成。地下5・6階にはリニア中央新幹線!

インバウンド・地域活性

 JR東海とジェイアールセントラルビルが名古屋駅に隣接して建設を進めていた「JRゲートタワー」が完成し、30日に竣工式が行われた。同ビルはJRセントラルタワーズと下層階で接続し、将来地下5・6階にリニア中央新幹線(27年開業予定)の駅が整備される、名古屋の新「ゲート」となる超高層ビル。実施設計は名古屋駅新ビル(仮称)実施設計企業共同体(大成建設、日建設計、ジェイアール東海コンサルタンツ)、施工は名古屋駅新ビル(仮称)新設他工事共同企業体(大成建設、鹿島)が担当した。
 JR東海の田中君明取締役専務執行役員は「素晴らしいビルを建設して頂き、工事・設計関係者に感謝を申し上げたい。このビルは地下5・6階にリニア中央新幹線が入ってくる、当社にとって将来に向けて意義深い施設。今後もJR東海グループを挙げて、全力で地元の発展に向けて努力していきたい」とあいさつ。施工者を代表して村田誉之大成建設社長は「大深度、超高層、近接した構造物など、大変難しい工事だったが、関係者の皆さまのご支援で竣工を迎えることができた。JRセントラルタワーズと合わせて、この地区の新たなランドマークとなり、一層のにぎわいのあるまちになることを期待する」と述べた。
 JRゲートタワーはS一部SRC造地下6階地上46階建て延べ約26万平方メートルの規模。JRセントラルタワーズと低層階で接続し、オフィスや商業施設、ホテル、バスターミナル、駐車場、駅施設などが入る。場所は名古屋市中村区名駅1の1の3。上層階のオフィスは既に開業済みで、4月1日にバスターミナル、7日に商業施設、17日にホテルやタカシマヤゲートタワーモールなどが相次いで開業する。

JR東海ら2社/JRゲートタワー(名古屋市中村区)が完成/施工は大成建設ら

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. レッドブル・エアレースで“CHIBA”の都市ブランディングは成功したか?

  5. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  8. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  9. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  10. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

アクセスランキングをもっと見る

page top