JR四国『太平洋パノラマトロッコ号』がごめん・なはり線へ 画像 JR四国『太平洋パノラマトロッコ号』がごめん・なはり線へ

インバウンド・地域活性

土佐くろしお鉄道は3月27日、ごめん・なはり線でJR四国のトロッコ列車を4月1日から運行すると発表した。

このトロッコ列車は『太平洋パノラマトロッコ号』と題し、JRグループの四国デスティネーションキャンペーンの一環として運行されるもの。JR四国のキクハ32形を使用し、高知~安芸・奈半利間を2往復する。運行日は4・5月の土休日。

運行時刻は『太平洋パノラマトロッコ2号』が高知9時59分発~安芸11時44分着・11時50分発~奈半利12時10分着、『太平洋パノラマトロッコ1号』が奈半利12時30分発~安芸12時52分着・13時07分発~高知14時50分着、『太平洋パノラマトロッコ4号』が高知15時50分発~安芸17時31分着、『太平洋パノラマトロッコ3号』が安芸17時55分発~高知19時25分着。

安芸~奈半利間を除き全車指定席で、トロッコ車両に乗車できるのは、のいち~安芸間。高知~安芸間では途中乗降できない。

各列車の定員は59人で、乗車費用(運賃+指定席料金)は高知~安芸間が大人1690円・子供850円、高知~奈半利間が大人1850円・子供930円。

JR四国のトロッコ列車がごめん・なはり線へ 4月1日から

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  3. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  4. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  10. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

アクセスランキングをもっと見る

page top