JR四国『太平洋パノラマトロッコ号』がごめん・なはり線へ 画像 JR四国『太平洋パノラマトロッコ号』がごめん・なはり線へ

インバウンド・地域活性

土佐くろしお鉄道は3月27日、ごめん・なはり線でJR四国のトロッコ列車を4月1日から運行すると発表した。

このトロッコ列車は『太平洋パノラマトロッコ号』と題し、JRグループの四国デスティネーションキャンペーンの一環として運行されるもの。JR四国のキクハ32形を使用し、高知~安芸・奈半利間を2往復する。運行日は4・5月の土休日。

運行時刻は『太平洋パノラマトロッコ2号』が高知9時59分発~安芸11時44分着・11時50分発~奈半利12時10分着、『太平洋パノラマトロッコ1号』が奈半利12時30分発~安芸12時52分着・13時07分発~高知14時50分着、『太平洋パノラマトロッコ4号』が高知15時50分発~安芸17時31分着、『太平洋パノラマトロッコ3号』が安芸17時55分発~高知19時25分着。

安芸~奈半利間を除き全車指定席で、トロッコ車両に乗車できるのは、のいち~安芸間。高知~安芸間では途中乗降できない。

各列車の定員は59人で、乗車費用(運賃+指定席料金)は高知~安芸間が大人1690円・子供850円、高知~奈半利間が大人1850円・子供930円。

JR四国のトロッコ列車がごめん・なはり線へ 4月1日から

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  5. 潮見ランドパーク、東京都江東区に大型ホテル建設/観光、ビジネス双方の利用を見込む

  6. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  7. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  8. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  9. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

アクセスランキングをもっと見る

page top