建設各社で入社式~活況の中、新入社員に期待 画像 建設各社で入社式~活況の中、新入社員に期待

人材

 新年度がスタートし、建設産業界各社でも3日、多くの新入社員を迎え入れた。2020年東京五輪関連施設やリニア中央新幹線など国家的プロジェクトで市場が活況を呈する中、各社トップは入社式のあいさつで、次代を担う新入社員への期待を表明。自ら考えて行動する姿勢や諦めずに粘り強く仕事に打ち込むことを望む言葉が目立った。=4、5面に各社長のあいさつ一覧
 清水建設の入社式で井上和幸社長は「ものづくりに真摯(しんし)に向き合うこと、研さんを積み一流を目指すこと、チームワークを大切にすることの3点を覚えてほしい」と話した。大成建設の村田誉之社長は「挑戦・苦難・達成を繰り返していくことが大きな自信となり、成長へとつながる」とメッセージを贈った。鹿島の押味至一社長は「毎日の仕事の中で自己研さんし、それぞれの分野でプロフェッショナルを目指してほしい」とエールを送った。
 大林組の白石達社長は「日々の何気ない業務にも工夫を怠らず、自ら考え、判断し行動することを意識してほしい」と訓示。竹中工務店の宮下正裕社長は「『豊かな未来のために意義あるものを世に遺(のこ)す』という志の下に仕事に打ち込んでほしい」と述べた。
 昨年6月に就任した東鉄工業の柳下尚道社長は「精神的・肉体的につらいことがあっても簡単にギブアップせず、困難や逆境を乗り越えてほしい」と激励。同じく同6月に社長に就いた関電工の森戸義美社長は「自分の考えを持ち、言葉にすることで、それに向けた行動が可能となる」と訴えた。4月1日付で就任したガイアートの山本健司社長は「独自技術や高品質な施工・製品などあらゆる技術力を磨き、皆さんと頑張っていきたい」と呼び掛けた。
 10月に創業100周年を迎える高松コンストラクショングループの吉武宣彦社長は「次の100年が輝かしいものとなるよう皆さんと共に200周年に向かってスタートを切りたい」と呼び掛けた。2月に創業80周年を迎えた長谷工コーポレーションの辻範明社長は「『温故知新』のキーワードの下、先輩社員たちが築いてきたこと、長谷工の社員なら誰でも知っていること、『温故』をきちんと理解して自分の仕事につなげてほしい」と述べた。
 専門工事各社も多くの新入社員を迎え、向井建設の入社式で遠藤和彦社長は「たくさんの教訓を積み重ねて一流の建設人を目指してほしい」と呼び掛けた。

建設各社で入社式/活況の中、新年度始動/自主性と粘り強さを

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 「タニタ効果」で7kgの減量成功者も、東京・板橋区の健康づくり

    「タニタ効果」で7kgの減量成功者も、東京・板橋区の健康づくり

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

    「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  4. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

  5. ~社歌コン 応募社の横顔:13~地域に復興のエールを-宮城のタクシー会社

  6. 自工会池会長、「春闘は総合的な賃上げができた」

  7. 「中小企業の《経営論》」第14回:中高年人材を嫌う会社と活かす会社

  8. ~HANJO女子~感謝の言葉にやりがいを感じる/太平洋セメント 中山莉沙さん

  9. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  10. スマホでいつでもどこでもできる「U・Iターン」とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top