盛り土の飽和度管理・新システム、ICT活用で品質向上へ 画像 盛り土の飽和度管理・新システム、ICT活用で品質向上へ

IT業務効率

 安藤ハザマは、振動ローラーを使った道路や宅地造成などの盛り土施工の高度化を目的に、ICT(情報通信技術)を活用した施工管理システムを開発した。龍岡文夫東大名誉教授(東京理科大嘱託教授)が提唱する土の最適飽和度を基準に目標品質に応じて飽和度の管理範囲を設定する方法(飽和度管理)をリアルタイムに行うことが可能。盛り土の施工品質の向上につながる。
 盛り土の締め固め施工の品質管理は、土の密度を指標とした密度管理が主流で、締め固めエネルギーと土質の状態が重要な要素になる。この二つを室内試験で実際の施工条件と完全に一致させることは難しく、試験結果に基づく合理的な施工管理が実際の施工現場で適切に実現できず、期待した成果が得られない場合もある。
 振動ローラーの振動による加速度応答値と土の乾燥後の密度(乾燥密度)の間には、飽和度をパラメーターとする相関関係があることが分かっている。この関係を同社が保有するGPS(全地球測位システム)と加速度応答値(CCV)を用いた土の締め固め管理技術に応用した。
 名称は「CCV-飽和度モニタリングシステム」。振動ローラーに取り付けたGPSと加速度計により、振動ローラーの位置情報と振動加速度波形を測定。含水比を基に飽和度を推定し、モニター画面に表示する。施工中の土の飽和度を最小50センチメッシュでリアルタイムに把握でき、効率的な飽和度管理を実現する。
 密度管理と併せて飽和度管理を行うことで、盛り土材の含水比管理と締め固めた盛り土の密度管理だけでは完全に防ぐことが難しかった過転圧による土の強度低下や比較的乾燥した土の浸水による強度低下、コラプス沈下も回避できるという。
 屋内の大型土槽で12トン級の振動ローラーを使った転圧実験を酒井重工業と共同で行い、システムを検証。施工中の複数の施工現場でも実証試験を行った。開発に当たっては、龍岡教授と菊池喜昭東京理科大教授に指導を仰いだ。国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)への登録を予定。総合評価方式の技術提案や同社の施工工事で積極的に採用していく。

安藤ハザマ/盛り土の飽和度管理システム開発/ICT活用、最適な締め固め実現

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  5. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  6. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  7. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  8. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  9. ANA、VR/ARを活用した「総合トレーニングセンター」を新設へ

  10. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

アクセスランキングをもっと見る

page top