空き家の駐車場を利活用、維持コスト削減や防犯対策へ 画像 空き家の駐車場を利活用、維持コスト削減や防犯対策へ

制度・ビジネスチャンス

空き家問題解決に向け、京急グループとパーク24が手を組んだ。京急リブコとパーク24は、4月1日から空き家の駐車場を利活用する取り組みをスタートさせる。まずは横浜市内の対象物件から着手し、エリアを順次拡大させる。

オーナーに代わって空き家を巡回する「空き家管理サービス」を提供する京急リブコと、国内約1万6000件の時間貸し駐車場「タイムズ」を管理・運営するパーク24が連携した取り組みで、空き家オーナーは賃料収入で空き家維持コスト削減というメリットを生む。また、空き家の一部利用による防犯効果の向上も期待できるという。

京急リブコは、「空き家管理サービス」を導入する空き家オーナーに向け、放置されている駐車場のカーシェアリング拠点化(タイムズカープラス)や登録駐車場化(B-Times)を提案。駐車場の利活用化を求める空き家オーナーに対し、パーク24が現地を調査、要望や状況にあわせた利活用スキームを提案していく。

タイムズカープラスは、駐車場を活用したカーシェアリングサービス。B-Timesは、空いている土地スペースを有効活用したいユーザーと、外出先などで「確実にクルマを駐めたい」というドライバーをマッチングする予約制駐車場サービスだ。

両社は、こうした連携事業により、空き家の維持コスト削減や防犯効果向上のほか、カーシェアリングや駐車場の出現によって地域の生活利便性が上がるとも伝えている。

空き家の駐車場を利活用、維持コスト削減や防犯対策へ…京急グループとパーク24

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

    NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  2. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  3. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

    主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  4. 国交省がコンクリ生産性向上、要素技術一般化へ体制。各団体が事務局や設計指針に反映

  5. 鳥取県、県内就職学生らに奨学金返還助成

  6. 国交省が中建審に「新たな検討の場」の設置提案

  7. 気仙沼市の大島架橋で中央径間の海上作業完了、住民の悲願前進へ

  8. 【マイナンバーソリューション解説】弥生16シリーズ

  9. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  10. カープの優勝祝いで、ダリア新品種「鯉華」登場!

アクセスランキングをもっと見る

page top