【イーコマースEXPO:1】 BtoB-ECで営業の効率化を実現! 画像 【イーコマースEXPO:1】 BtoB-ECで営業の効率化を実現!

イベント

【記事のポイント】
▼紙のカタログ作成とその配布よりも、ECの方が営業コストを下げられる
▼注文がオンラインに集約することで、その管理を省力化できる
▼受注情報を基幹システムと連携させることで、在庫管理を効率化する


 メーカーから問屋に、問屋から小売店にという流通網においても、最近ではECサイトの整備が進んでいる。一般顧客向けのECサイトにおける売上が伸び悩んでいる事業者には、大きな手間をかけずにマーケット規模を拡大する好機となるだろう。

 国内最大級のEC・通販向け展示会「イーコマースEXPO 2017」では、EC業界におけるキーカンパニーの代表や責任者が登壇し、多彩なテーマで講演を行っている。その中の一つとなるパネルディスカッション「BtoB-ECの基本とその最先端とは? ~法人向けマーケットにおけるECの取り組みとその展望~」に、BtoBにおけるECサイトの現状を探ってみた。

■BtoB向けのECサイト構築のメリットは、営業コスト削減にあり

 同ディスカッションでは近畿圏を中心に西日本で「カメラのナニワ」を運営しているナニワ商会より、商材部の芝野浩二氏が登壇している。同氏によるとBtoCによるECは以前から展開していたが、2016年よりその販路を新たにBtoBにも拡大。とはいえ基本はBtoCショップとの兼用で、一部中古カメラなどで卸事業を開始したという形態だ。

「中古カメラは、とくに状態が重要です。それがわかるように商品は360度回転してどの角度からも、さらには拡大しても見ることができます。このようにリアル店舗と同じ環境を作ることを“オムニチャネル”といい、弊社のECサイトではBtoBとBtoCの双方で追及しています」

 一方、もう一人の登壇者として講演を行ったのが、衣料製品の製造販売を行う福助営業第一本部総合部東日本総合営業Gの長尾博之氏。同社は卸問屋や小売店へのBtoB事業が中心だが、以前は紙のカタログを毎年作成していたという。しかし、近年ではこれを廃止し、オンライン上にあるカタログから、ネット経由での注文を取る形に移行した。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

    【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

  2. “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

    “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

  3. 今年度の「そろばん日本一」が決定

    今年度の「そろばん日本一」が決定

  4. 日本キャタピラー、管工機材・設備総合展でミニ油圧ショベルなどを紹介

  5. 【東京モーターショー15】日産の自動運転カーが未来すぎる

  6. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  7. 重要なのは“自分ごと”としてみてもらえるコンテンツ/デジタルサイネージジャパン

  8. 社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

  9. 「第2回 中小企業社歌コンテスト」開催決定! 応募お待ちしています!

  10. 「競合しない」経営を目指せ!森永卓郎氏が語る「中小企業の今後」

アクセスランキングをもっと見る

page top