かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」! 画像 かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」!

IT業務効率

スマートフォン向けのアプリ「軽便与那原駅舎VR」がこのほど公開された。沖縄県与那原町にあった鉄道駅の様子を、バーチャル・リアリティ(VR)技術で再現したアプリだ。

戦前の沖縄本島には、県営鉄道や路面電車、馬車鉄道が存在。このうち県営鉄道は2本のレール幅(軌間)がJR在来線より狭い762mmの軽便鉄道で、1914年から1923年にかけ那覇から与那原・嘉手納・糸満の3方向に伸びるネットワークが整備された。しかし、第二次世界大戦の沖縄戦で破壊され、戦後は復活することなく消滅した。

消滅から70年以上が経過し、鉄道の痕跡はほとんど残っていない。那覇~与那原間9.4kmを結んでいた与那原線の終点・与那原駅は砲撃で駅舎が破壊されたが、戦後はわずかに残った駅舎の柱や壁を活用する形で与那原町役場が建設された。役場の建物は後にJA与那原支店を経て解体。2014年に旧駅舎が復元されている。

与那原町が開設した観光ポータルサイト「YONABARU NAVI」の案内などによると、「軽便与那原駅舎VR」は与那原駅と同駅周辺の様子をVR技術で再現。画面上の操作で往時の駅周辺や駅構内を見ることができる。「当時を知る人たちからの証言と残されたわずかな資料をもとに可能な限り忠実に再現した」という。

アプリはGoogle PlayかApp Storeでダウンロードできる。

沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」…スマホアプリ配信開始

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  2. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

    【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  3. 新幹線車両検査にタブレット導入、「ヨシ!」と声に出すと検査内容が自動入力!

    新幹線車両検査にタブレット導入、「ヨシ!」と声に出すと検査内容が自動入力!

  4. 飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

  5. 介護ベッド用離床予知センサー、ベッド上の人の動きや姿勢を検知

  6. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  7. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  8. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  9. 西松建設、現場管理にウェアラブルグラス活用/ハンズフリーで作業効率化

  10. ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

アクセスランキングをもっと見る

page top