かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」! 画像 かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」!

IT業務効率

スマートフォン向けのアプリ「軽便与那原駅舎VR」がこのほど公開された。沖縄県与那原町にあった鉄道駅の様子を、バーチャル・リアリティ(VR)技術で再現したアプリだ。

戦前の沖縄本島には、県営鉄道や路面電車、馬車鉄道が存在。このうち県営鉄道は2本のレール幅(軌間)がJR在来線より狭い762mmの軽便鉄道で、1914年から1923年にかけ那覇から与那原・嘉手納・糸満の3方向に伸びるネットワークが整備された。しかし、第二次世界大戦の沖縄戦で破壊され、戦後は復活することなく消滅した。

消滅から70年以上が経過し、鉄道の痕跡はほとんど残っていない。那覇~与那原間9.4kmを結んでいた与那原線の終点・与那原駅は砲撃で駅舎が破壊されたが、戦後はわずかに残った駅舎の柱や壁を活用する形で与那原町役場が建設された。役場の建物は後にJA与那原支店を経て解体。2014年に旧駅舎が復元されている。

与那原町が開設した観光ポータルサイト「YONABARU NAVI」の案内などによると、「軽便与那原駅舎VR」は与那原駅と同駅周辺の様子をVR技術で再現。画面上の操作で往時の駅周辺や駅構内を見ることができる。「当時を知る人たちからの証言と残されたわずかな資料をもとに可能な限り忠実に再現した」という。

アプリはGoogle PlayかApp Storeでダウンロードできる。

沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」…スマホアプリ配信開始

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 政府、中小企業の生産性向上へ官民プラットフォーム設立/ノウハウや情報を100万社で共有

    政府、中小企業の生産性向上へ官民プラットフォーム設立/ノウハウや情報を100万社で共有

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. ~ITで強い商店街を作る:3~今どきの商店街のO2O戦略

    ~ITで強い商店街を作る:3~今どきの商店街のO2O戦略

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. 日建設計とソフトバンク、次世代スマートビル開発で提携/IoTやAIを活用

  7. ICT活用施工連絡会が会合、北海道建設部では施工者の辞退相次ぐ

  8. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  10. 国交省が「i-Con大賞」授与式、大臣賞は砂子組とカナツ技建工業

アクセスランキングをもっと見る

page top