かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」! 画像 かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」!

IT業務効率

スマートフォン向けのアプリ「軽便与那原駅舎VR」がこのほど公開された。沖縄県与那原町にあった鉄道駅の様子を、バーチャル・リアリティ(VR)技術で再現したアプリだ。

戦前の沖縄本島には、県営鉄道や路面電車、馬車鉄道が存在。このうち県営鉄道は2本のレール幅(軌間)がJR在来線より狭い762mmの軽便鉄道で、1914年から1923年にかけ那覇から与那原・嘉手納・糸満の3方向に伸びるネットワークが整備された。しかし、第二次世界大戦の沖縄戦で破壊され、戦後は復活することなく消滅した。

消滅から70年以上が経過し、鉄道の痕跡はほとんど残っていない。那覇~与那原間9.4kmを結んでいた与那原線の終点・与那原駅は砲撃で駅舎が破壊されたが、戦後はわずかに残った駅舎の柱や壁を活用する形で与那原町役場が建設された。役場の建物は後にJA与那原支店を経て解体。2014年に旧駅舎が復元されている。

与那原町が開設した観光ポータルサイト「YONABARU NAVI」の案内などによると、「軽便与那原駅舎VR」は与那原駅と同駅周辺の様子をVR技術で再現。画面上の操作で往時の駅周辺や駅構内を見ることができる。「当時を知る人たちからの証言と残されたわずかな資料をもとに可能な限り忠実に再現した」という。

アプリはGoogle PlayかApp Storeでダウンロードできる。

沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」…スマホアプリ配信開始

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

    東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  3. 産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

    産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

  4. 分身として使えるロボット「OriHime」をビジネスレンタル!ロボット活用サービスのアイデア募集

  5. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  6. ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

  7. 【今週のエンジニア女子】父がくれたPCがきっかけで、ミクシィでは公式アプリ開発…藤木紫乃さん

  8. 「Staple Pulse for HANJO HANJO」をご利用のお客様へ

  9. UberEATS、有名店メニューを自転車・バイク配達。そのギャラは?

  10. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

アクセスランキングをもっと見る

page top