駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信 画像 駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信

IT業務効率

阪急電鉄は3月25日から、スマートフォン用の公式アプリ「TOKKアプリ」の配信を始める。列車の運行情報や沿線の観光・イベント情報などを配信する。

発表によると、列車の遅延情報を通知するほか、時刻表・駅構内情報の検索、延着証明書の発行に対応。沿線情報誌「TOKK」のスマートフォン版やクーポンの配信なども行う。

このほか、AR機能付きカメラ「おでかけカメラ」も実装。駅付近など指定された場所でカメラを操作すると、画面に駅名標やキャラクターなどが登場して一緒に撮影することができる。

対応OSはiOS8以降とAndroid4.4以降。3月25日の14時以降、それぞれ「Apple Store」「Google Play」でダウンロードできる。

駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信 3月25日から

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. 【ITで強い商店街を作る:4】地域カードで商店街の垣根を越える

    【ITで強い商店街を作る:4】地域カードで商店街の垣根を越える

  4. 【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

  5. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  6. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  7. 新潟県見附市が電線地中化で低コストモデル工事実施へ

  8. サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

  9. VRによるショッピングの未来、VRコマース

  10. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

アクセスランキングをもっと見る

page top