駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信 画像 駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信

IT業務効率

阪急電鉄は3月25日から、スマートフォン用の公式アプリ「TOKKアプリ」の配信を始める。列車の運行情報や沿線の観光・イベント情報などを配信する。

発表によると、列車の遅延情報を通知するほか、時刻表・駅構内情報の検索、延着証明書の発行に対応。沿線情報誌「TOKK」のスマートフォン版やクーポンの配信なども行う。

このほか、AR機能付きカメラ「おでかけカメラ」も実装。駅付近など指定された場所でカメラを操作すると、画面に駅名標やキャラクターなどが登場して一緒に撮影することができる。

対応OSはiOS8以降とAndroid4.4以降。3月25日の14時以降、それぞれ「Apple Store」「Google Play」でダウンロードできる。

駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信 3月25日から

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  2. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

    外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

  3. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編)

    外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編)

  4. 最新の低騒音型ボーリングマシン、人員削減も

  5. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  6. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  7. サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

  8. 「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

  9. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  10. シャープの食材宅配サービス「ヘルシオデリ」/AIoTで有名シェフの料理も自動調理

アクセスランキングをもっと見る

page top