駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信 画像 駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信

IT業務効率

阪急電鉄は3月25日から、スマートフォン用の公式アプリ「TOKKアプリ」の配信を始める。列車の運行情報や沿線の観光・イベント情報などを配信する。

発表によると、列車の遅延情報を通知するほか、時刻表・駅構内情報の検索、延着証明書の発行に対応。沿線情報誌「TOKK」のスマートフォン版やクーポンの配信なども行う。

このほか、AR機能付きカメラ「おでかけカメラ」も実装。駅付近など指定された場所でカメラを操作すると、画面に駅名標やキャラクターなどが登場して一緒に撮影することができる。

対応OSはiOS8以降とAndroid4.4以降。3月25日の14時以降、それぞれ「Apple Store」「Google Play」でダウンロードできる。

駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信 3月25日から

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

    東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. CATV事業者の活路なるか――スマートホーム事業でイッツコムとニフティが提携

  6. 洗濯してもヒールで踏んでも壊れないトランジスタチップ……産総研

  7. ロボットトラクターで世界初の4台協調作業

  8. 【ツーリズムEXPOジャパン】HIS渋谷店舗に設置予定の立体ディスプレイ

  9. ソフトバンク、新卒採用選考にAI導入/エントリーシート確認作業時間を75%軽減

  10. 不ぞろいイチゴを未選別出荷し、店頭パック詰め……産地は省力、鮮度を強調

アクセスランキングをもっと見る

page top