駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信 画像 駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信

IT業務効率

阪急電鉄は3月25日から、スマートフォン用の公式アプリ「TOKKアプリ」の配信を始める。列車の運行情報や沿線の観光・イベント情報などを配信する。

発表によると、列車の遅延情報を通知するほか、時刻表・駅構内情報の検索、延着証明書の発行に対応。沿線情報誌「TOKK」のスマートフォン版やクーポンの配信なども行う。

このほか、AR機能付きカメラ「おでかけカメラ」も実装。駅付近など指定された場所でカメラを操作すると、画面に駅名標やキャラクターなどが登場して一緒に撮影することができる。

対応OSはiOS8以降とAndroid4.4以降。3月25日の14時以降、それぞれ「Apple Store」「Google Play」でダウンロードできる。

駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信 3月25日から

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

    サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

  2. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

    「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

  3. サービス業のIT利用最前線!10 異文化を乗り越えるインバウンド民泊力/チャプターエイト

    サービス業のIT利用最前線!10 異文化を乗り越えるインバウンド民泊力/チャプターエイト

  4. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  5. ぐるなび&タニタ アジア向けに日本食材アピール

  6. 建機搭載型遠隔操作ロボ「ロボQ」を改良、ワンタッチで取り付け可能!

  7. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  8. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  9. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  10. サービス業のIT利用最前線!9 20万円以下で賃貸住宅のIoT化/ロボットホーム

アクセスランキングをもっと見る

page top