駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信 画像 駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信

IT業務効率

阪急電鉄は3月25日から、スマートフォン用の公式アプリ「TOKKアプリ」の配信を始める。列車の運行情報や沿線の観光・イベント情報などを配信する。

発表によると、列車の遅延情報を通知するほか、時刻表・駅構内情報の検索、延着証明書の発行に対応。沿線情報誌「TOKK」のスマートフォン版やクーポンの配信なども行う。

このほか、AR機能付きカメラ「おでかけカメラ」も実装。駅付近など指定された場所でカメラを操作すると、画面に駅名標やキャラクターなどが登場して一緒に撮影することができる。

対応OSはiOS8以降とAndroid4.4以降。3月25日の14時以降、それぞれ「Apple Store」「Google Play」でダウンロードできる。

駅名標やキャラクターと一緒に撮影…阪急電鉄が公式アプリ配信 3月25日から

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

    カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  4. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  5. ファブ施設での農業関連利用が広がる、1日数千円で3Dプリンターやレーザー加工機など

  6. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  7. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

  8. ドローンによるレーザー測量、国内初実用化!

  9. 「業種エリア特化型」ポータルサイト運用サービス、大手メディア対抗として全国展開

  10. 全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

アクセスランキングをもっと見る

page top